本番の心構え(聖心女子大学・文学部) | 東進ハイスクールたまプラーザ校|神奈川県

ブログ

2018年 1月 9日 本番の心構え(聖心女子大学・文学部)

こんにちは!原田です!

いよいよセンター試験が近付いてきて、

みんなどんな気持ちでいるかな?


4年前のセンターの日に電車から外を見て、

お母さんが子どもを連れて自転車を飛ばしていて、

私がいくら緊張していても世の中はいつも通り動いてるんだな〜と

ほっとしたのを覚えています(笑)


今日は、試験当日の心構えに関してお話しさせてもらいます!

まず、私が受験生だった頃に読んで少し安心した、

たまプラーザ校の先輩のブログの内容をお伝えします。

その先輩は東京大学に合格して通っていたのですが、

ブログにこんなことを書いていました。

「受験当日に全部やり切って試験に臨めた人なんて、

合格者の中でもほとんどいない。

だからできなかったことの多さを嘆くのではなく、

今持っているものを出し切る努力をしよう」って。

たまプラーザ校のお手洗いに貼ってあるメッセージには、

「合格した人の中でも、全試験全科目ミスなく終えられたって人はあんまりいない」

って書いてあるよね!

だから、

やりたいことをやりきれていなくても、

ミスをしちゃっても、

合格した人はたくさんいるってことを忘れないで!


わー、この大問に時間使いすぎちゃった!

わー、社会ミスっちゃったかなぁ…

わー、ここもっとやっとけばよかった。


一生懸命やってきたからこそそう思っちゃうのもしょうがないんだけど、

試験が始まったら、残された時間、残された科目で

持ってる力を出し切れるように切り替えよう!

ミスをしちゃうよりも、

ミスを引きずって他のところに影響しちゃう方が悔しいもんね!


もうひとつ伝えたいことは、

センターが終わった後も、受験はまだまだ続くっていうこと。


毎年センター後に緊張がほどけて失速しちゃう子がいるんだよね。

それもしょうがないかもしれない。


でも、センター試験ははじまりに過ぎないから、

まだまだ続く入試のスタート地点くらいに考えられると良いのかなと思います。


入試期間が1番実力がつけられるとき。

まだまだのびるこの時期だからこそ、

手を止めないでください!!

最後までやりきれたら、

結果は後からついてくると思います。


まずは入試1発目!

チャレンジャーの気持ちで頑張ろう!!!!