戦に勝つには、まず敵を知る (東京工業大学・第4類) | 東進ハイスクールたまプラーザ校|神奈川県

ブログ

2017年 7月 19日 戦に勝つには、まず敵を知る (東京工業大学・第4類)

どどどどーも皆さんこんにちは!

 袴田です〜。

 この前は雹(ひょう)が降りましたが、あれはきっと皆さんを後押しする天からのメッセージです!

れから始まる夏を充実させましょう。

ライト「袴田さん、大変です!」

袴田「お!ライト君。どうしましたか?」

ラ「ついに夏休みになっちゃいました!」

袴「そうだね。夏と言えば海かな、山かな」

ラ「どっちでも良いと思いますよ。

  でも僕はもう高3、海よりも広い範囲の勉強が山積みですよ。 

  ですが、このまま夏休みを計画通りに終わらせられるか不安なんです」

袴「夏休みはどんなことをする予定ですか?」

ラ「センター対策はもちろんですが、二次対策で問題を沢山解いていきたいと思います」

袴「二次の過去問は触れたことはありますか?」

ラ「まだやるには実力不足です……」

袴「なるほど。ですが、

  夏休みの勉強が始まる前だからこそ、過去問をやることに意義がありますよ

ラ「何故ですか?」

袴「戦に勝つにはまず敵を知ることが大事です。

  受験も同じで、大事なのは、志望校の出す問題に答えることができる実力です。

  夏休みでできる勉強の量は膨大なので、志望校の問題の傾向やレベルが分かった上で勉強すると、

  確実に『二次のための勉強』ができます。

  また、何を優先すべきかが見えてくるので、

  計画が破綻しても大きな損害が出ずに済むよ。」

ラ「でも、やっぱり実力不足だし……」

袴「夏休み前に基本をしっかり抑えていれば、実力が足りなくても、

  その問題の傾向とレベルは何となく分かりますよ!」

ラ「なるほど、それなら不安要素もなくなって、落ち着いて勉強できそうです。

  とりあえず1年分の国数英だけやってみます!」

袴「(๑ •̀ω•́)۶fight!!」☆