東進ハイスクールたまプラーザ校の受験生のみんなへ(池上前校舎長) | 東進ハイスクールたまプラーザ校|神奈川県

ブログ

2018年 1月 10日 東進ハイスクールたまプラーザ校の受験生のみんなへ(池上前校舎長)

こんにちは!

ご無沙汰しております。

たまプラーザ校前校舎長の池上です。

 

いよいよセンター試験まで残り3日となりましたね。

緊張していますか?

今私が勤めている校舎の生徒たちからも、

言葉に出さずとも、緊張が伝わってきます。

全国の受験生が皆同じ状況です。

たまプラーザ校のみんなだけではないですから、

冷静に、自分がやるべきことをあと3日続けましょう。

 

さてせっかくなのでみなさんに激励メッセージを。

とは言っても、たまプラーザ校の熱心な担任助手や社員から、

背中を押されていると思いますので、ちょっと違った角度から。

私が伝えたいことは、ズバリ、

「センター試験はあくまで通過点」

です。

誰1人として、センター試験がゴールではないはずです。

むしろスタートです。

ですから、スタートを切った後の方がはるかに大事です。

 

つまり私立文系の人は13日帰宅してから、

14日まで試験がある人は14日帰宅してから、

そして15日学校に登校して

センター再現やセンター分析を提出してから、

何をするか。

何を始めるか。

 

本番は、あなたの第一志望校の試験日です。

その本番に向けてスタートを切ってください。

センター試験で実力が発揮できたら・・・

油断せず、その勢いのまま頭を切り替え、

二次私大対策をガンガン進める。

答案出しまくる。

センターはみんな解けているんだと考えて、

少しでも隙間時間あらば

全国のライバルに差をつける学習をする。

第一志望校の合格最低点ではなく、

合格最高点ないし平均点を目指す。

 

もしセンター試験で悔しい思いをしたら(私もそうでした。)・・・

1日くらいは思いっきり泣いたり遊んだり体を動かしたりして勉強を忘れる

そして2日目からは変えられるのは過去ではなく未来であるからこそ、

自分の努力は間違っていなかったと証明を果たすため、

まずはセンター試験の分析をする。なぜ解けなかったのかを考える。

冷静に考えれば、自分がすべきことが見えてきます。

決して自宅に引きこもってはいけません。

毎日東進の自習室で、

集団の中で集中できるような状態を作らなくて、

どうして試験本番で集中できましょう。

1月2月こそ毎日登校

 

心からみなさんの健闘を期待していますよ!

お読みいただき、ありがとう!

 

東進ハイスクール船堀校校舎長
池上昌洋