自由と責任(立教大学・法学部) | 東進ハイスクールたまプラーザ校|神奈川県

ブログ

2018年 3月 1日 自由と責任(立教大学・法学部)

こんにちは!西村です!

高3生の皆さん、受験お疲れ様でした!
まだ後期受験をする子もいるかな?
その子たちはまだお疲れ様とは言えないけど、自分の満足のいくまで全力でやりきってください!

とりあえずは受験が終わり、大学に進学される皆さんに大学二年生の僕からメッセージ!

まずは合格おめでとうございます!
皆さんは人生に一度の大学受験という大きな関門を乗り越えました!
校舎で見ていましたが、すごく頑張っていたと思います!

さて、四月から大学生ですね!
高校生と大学生の大きな違いってなんでしょう?
時間割が決まっているかいないか?
サークルがあるかないか?
もちろんこれも正しいです!

しかし僕が考える1番の違いは「自由かどうか」ということです。
大学生はとにかく自由です!
時間割も好きな時間に自分の取りたい授業を取り、サークルに入るのも、バイトをするのも何もかもが自由です。
この自由という大学生の特権を皆さんには存分に楽しんでもらいたいです!
しかし
自由というものには「責任」がつきものです。
授業を取るのもサークルに入るのもバイトをやるのも全部自分が決めたことです。
ということはこの自分の自由で決めたことを言い訳にしてはいけないということです。
期末テストで単位が取れなかった時に「バイトが忙しかったから」と言っている人はダメです。なぜなら、バイトをやっているのは自分の都合だからです。自分がバイトをやりたくてやっているのに、それを理由に何かができないというのはおかしいですよね。これは逃げているだけです。

大学生は社会人になるための準備段階と言われます。
このように「自分の選択に責任をもつ」ということは必ず社会に出た時に活きてくると思います。

責任があるということを楽しみながら、自分のやりたいことをとことん存分にやりきって欲しいです!
そうすればとても濃い四年間になると思います!

充実した大学生活を送っている皆さんに会えることを楽しみにしています!
またいつでも校舎に顔見せてくださいね!

本当にお疲れ様でした!
そして、大学進学おめでとう!