残りある時間を…(横浜国立大学・理工学部) | 東進ハイスクールたまプラーザ校|神奈川県

ブログ

2017年 9月 3日   残りある時間を…(横浜国立大学・理工学部)

もう9月 時の流れが 早すぎる

8月模試も終わり、結果が出た人と出なかった人いるとは思います。

夏休みあれだけ頑張ったのに、、思っている人もいるかもしれません。

でも、今、やっている勉強はすぐには結果には反映されません。

必ず遅れてくるものです。

勉強は継続してやって反復することによって頭に定着し、結果に現れてきます。

だから、「継続」これがとても大事です。

続は力なり

さて、本題に移りたいと思います。

皆さん、勉強することによって得られるものって何だと思いますか?

考える力、知識、課題解決力などなど、色々あると思います。

僕が今日、ここで述べたいのは、勉強をすることによって、財産が得られるということです。

あと、センター試験まで132日、

もしかしたら、もっと時間がない人だっているかもしれない、

この長いようであっという間な時間を頑張れるか、頑張れないか人生において、
大きな意味を持っていると思う。

1か月頑張れたら、2か月頑張れる、

2か月頑張れたら、3か月頑張れる、

そうやって、1年頑張れたら、

2年、3年、10年、20年、頑張れる。

この受験期、頑張れたか、頑張れなかったかは

人生を頑張れるか、頑張れないかに関わると思っている。

この夏休みどうでしたか?本当に頑張れましたか?

センター間際、2次試験間際になって、後悔しないほど努力できましたか?

頑張ったなと思うやつは、もう一度自分の生活を見直してほしい。

ほんとに頑張ったか?

結局、後悔するのは自分。

だったなと思うところがあるのであれば、修正して、対策して、やって、また修正して、
そうやって、これから悔いの残らないようにやればいい。

8月模試がダメだったから、伸びなかったからって、受験に落ちるわけでも、なんでもない。

できることをやった方が合格には近づく。

だったら、今できることを、計画を立てて、一つ一つやっていこう。

こうして、正しい場所で、正しい方向で、十分な量なされた努力は、裏切らない。

そして、受験を頑張れた人は絶対成長があるし、

努力という人生において大きな財産が得られると思います!

悔いの残らない受験をし、結果がついてくることを願っております。

FIGHT!

(参考:林先生、自助論)