「まだまだこれから」廣島花恵 | 東進ハイスクールたまプラーザ校|神奈川県

ブログ

2014年 12月 24日 「まだまだこれから」廣島花恵

こんにちは!いよいよセンター試験、そして二次試験も目前に迫ってきましたね。

 

皆さんは今

「自分が今までやってきた事は正しかったのか」

「もっと早くから勉強しておけば…」

「このままで合格出来るのか」

など、思うことが様々だと思います。

一年前の私もそうでした。

 

そこで私が伝えたいこと。

 

今まで勉強してきたことに多少の悔いがあるも、不安があるのも当然です。

それは常に上を目指そうとする気持ちがあれば必ず生じるもの。

むしろ現状に満足している人の方が心配です。

 

自分を客観的に分析すれば、足りていなかった事、まだまだ出来る事が沢山見つかると思います。

それを如何に次に繋げていくか。

本番まで残り僅かになってしまった今、それが一番大切です。

悔いている時間などありません。

明日からやるべき事、今出来る事を漏らさず淡々とやるしかないのです。

 

 

そして、本番直前最後の一秒まで手を抜かないこと。

ここからの勉強量によって逆転合格は全然あり得ます。

勿論、その逆も。

 

これは私の中学受験での経験です。

当時私は、一月にお試し受験をしました。するとそこの問題で、試験の数日前に塾でやった問題が出たのです。

ところが私はその問題の復習を怠ってしまっていました。案の定見覚えはあるのに解けない。結果は不合格でした。

あの問題をしっかり復習していたら…

何度もそう思いました。

 

そして2月、第一志望の受験の日。

最後の最後まで勉強しよう。1月の受験の反省を踏まえ私は受験会場までの電車で参考書を必死に読みました。

するとその参考書に私がその日まで知らなかった知識が載っていました。

今まで見落としていた自分に焦りましたが、今気付いて良かった、と思いなんとか頭に入れました。

するとなんと、その問題が入試に出たのです。結果は合格。

最後まで諦めなければ結果はついてくる。

身をもって感じました。

 

 

皆さんの勝負はまだまだこれからです。

ここからどれだけ自分に厳しく出来るか、です。

不安に思う気待ちは結果が出るまで拭えないでしょう。だったら勉強するしかない。

勿論、不安な気持ちを聞いて欲しい時、私達担任助手を頼って欲しいです。気持ちの整理をしたい時、私達担任助手にアドバイスを求めて欲しいです。

でも結局は勉強するしかない。

 

今まで頑張ってきたのだから、最後まで気を抜かずやりきりましょう!

結果は自ずと付いてきます。