「人への敬意」大内佑介 | 東進ハイスクールたまプラーザ校|神奈川県

ブログ

2015年 2月 13日 「人への敬意」大内佑介

こんにちはー!大内でーす!

 

今回、「1年間の大学生活を振り返って」というテーマなので、早速振り返ってみようと思うのですが…

 

うーん。

 

反省ばかり出てきますね。(笑)

 

簡単に言えば、たくさんの人に迷惑をかけたり、不快な思いをさせてしまったような気がします。

 

ここからは、ちょっと個人的な話になってしまいますが、お許しください。(笑)

 

大学生活も3年目になると慣れてきてしまうもので、

「1年間で大体何が起こるか」というのが悪い意味で分かってしまいます。

 

大学の授業であれば、「このくらい勉強しておけばいいや」とか思ったところがありました。

他にも、担任助手の仕事だったり、自分の大好きな野球であったり、

「まぁこんな感じで大丈夫だろう」というような甘さが心の中にあったような気がします。

当然、そのようなことはあってはならないことです。

 

それによって、自分だけがダメになるなら、自業自得で構わないのですが、

人生は色々な人に支えられているので、自分の中に「甘さ」が出ることによって、

結果としてたくさんの人に迷惑をかけることになります。

 

大学3年生。

たくさんの人に迷惑をかけてしまいました。

自分を指導してくださる先生や先輩方。

自分と一緒にここまで歩んできた同期や友達のみんな。

自分が手本を見せなければならないはずの後輩たち。

そしていつも当たり前のように一緒に暮らしている兄や、

遠く離れてもたまに「元気にやってるの?」と連絡をくれる両親。

 

これだけの人々に、どれだけの敬意を払えたのか???

大学生活の中で、残念ながら最も人に敬意を払えなかった1年だった気がします。

 

周りの人に対して自己中心的な言動を取るとか、雑な対応をするとか、たくさんのことを思い出します。

実は、恥ずかしながらこの歳になって親子喧嘩もしてしまいました。

 

 

そんな、反省だらけの1年でした。

 

 

2015年の僕のテーマは

「周りの人に敬意を払う」

です。

 

自分の人生はたくさんの人に支えられていることを肝に銘じて生きて行きたいと思います。