「医学部って何やるのー?」田中萌子 | 東進ハイスクールたまプラーザ校|神奈川県

ブログ

2015年 5月 23日 「医学部って何やるのー?」田中萌子

こんにちは!田中萌子です!

 

今回は私の大学生活について少しお話しさせていただきます!

 

私は現在、東京医科大学医学部医学科の3年生です。

普通の大学は4年制ですが医学部は6年制なので、まだまだ学生生活が半分以上残っているのです…ひえー。

 

では、さっそく本題に入りましょう。

 

現在私が受けている授業(3年前期)は、病理学、薬理学、微生物学、社会医学、医用電子工学の5科目です。

少なっ!!て思うでしょうか。

でも、この5科目で月曜から金曜まで、1限から4限までみっちり授業が入っています。

そして毎月試験があります。ひえー。(2回目)

 

それぞれの科目でどんなことをやるのかというと…

 

病理学体内で異常が起きたとき、その場所でどのような反応が起こっているのかを学びます。

たとえば、癌細胞を顕微鏡で観察してスケッチしたり、

皆もよく知ってる心筋梗塞や脳梗塞が起きたら心臓や脳がどんな病態になるのかを覚えたり。

 

 

薬理学薬を飲んだ時、その薬が体内のどこでどのように作用するのかを学びます。

薬の種類もいろいろあるし、投与方法も様々なものがありますよね(経口投与、静脈内注射などなど)。

それぞれ、作用方法が違うんです。薬の副作用も覚えます。

 

 

微生物学:その名の通りです。

黄色ブドウ球菌、肺炎球菌、ヘリコバクター、サルモネラ…ひたすら菌の名前や潜伏期間、症状などを覚えます。

 

 

社会医学日本の平均寿命や健康対策など、社会的な観点から医学を学びます。

つい最近話題になっていた、食品の安全性についても勉強します!

 

 

医用電子工学MRIなどの画像診断について学びます。

 

 

ざっとこんな感じです。暗記量膨大です。

 

 

3年の後期からは、精神科や皮膚科、産婦人科などの臨床医学を勉強します。

ここから4年生が終わるまでの1年半、各分野の疾患名や治療方法を覚えていきます。

月2回ずつ試験があります。先輩に聞いたところ、一度の試験範囲がプリント両面百枚分くらいらしいです。

……今から考えるのも恐ろしい………

 

 

5年生からは、ポリクリと言って毎日が病院実習になります。

5,6人でグループになって、今週は脳外科、来週は整形外科…というように、週ごとにいろんな科を回ります。

ここまでに、すべての科の疾患を全力で覚えなければいけないのです。

そしてポリクリが終わったら、6年生の1年をかけて国家試験の対策をします。

 

 

 

さて、ここまでは勉強の話でしたが、医学部生はとにかく勉強ばかりしている、というわけではありません!

忙しそうなイメージですが(実際他学部よりは忙しいと思いますが)、

授業のない土日に友達と遊びに行ったり、長期休みには旅行もできます!

受験生同様、オンオフの切り替えが大事なのです!笑

 

 

 

大学生は、自分の将来に直結した勉強をすることができ、とても楽しく充実しています。

受験生の皆!

自分の第一志望校で最高の大学生活を送るためにも、今!がんばりましょう!

私も試験がんばります。

 

↑資料請求、個別進路相談、入学説明会、体験授業はこちらから!