「大敵、80分の時間制限に打ち勝て!」 | 東進ハイスクールたまプラーザ校|神奈川県

ブログ

2015年 7月 1日 「大敵、80分の時間制限に打ち勝て!」

こんにちは!清水です。

誰にでも苦手ってありますよね。私はマヨネーズが苦手です。でもタルタルソースやシーチキンは好きです。

‥‥じゃなくて、本日は受験勉強における苦手克服の経験をお話しします、

 

私はとにかく一つ一つが遅いことが本当にネックでした。勉強だけじゃなくて漫画とかを読むのも友達の3倍の時間がかかったり笑

そんな調子だったので

センター英語は毎回解き終わらず‥

最後まで行ければもうちょっと取れるはずなのに、でもこれも実力だし‥‥

と苦しんでいました。

割と似た悩みを持ってる人もいるのではないでしょうか。

 

私はこの問題を夏前までと夏休みで克服しました!では、どのように克服したのか。お教えします。

 

①基礎知識を総ざらいする

これが夏前までにやったこと。

なんだかんだ、単語・熟語・文法がパッと頭に浮かぶかどうかが勝負です

「あ、この単語なんだっけ‥」なんて考えている暇はありません!

全て完全修得していても、触れる数が減っていれば忘れているものが出てきているはずです。

悪いこと言わないから、全部全部一回やり直してみてください。

 

②大問毎に目標時間を設定し、それを目指して解きまくる

80分の中で大問毎にかける時間を設定していますか?ここは結構重要です。

例えば私は⑴2分 ⑵13分 ⑶12分 ⑷13分 ⑸15分 ⑹20分 の計75分(5分は見直し用) と設定し、大問別演習で時間の厳しい大問を中心に時間を計って解きまくりました。

なにがなんでも時間を守るように解くのがポイントです。

また、時間の設定は全部時間を計っていつも通り解いてみて、バランスみながら決めました。時間をかけたい⑹を優先したりして。

 

③通しで80分、本番通りに解く練習をする

ある程度大問毎の時間が縮まってきたら全問通して解きます。

大問毎でできても通すと出来ないことも。でもこれも練習で克服できます。

私は暫くは大問毎の時間も全体の時間も計りながら行いました。

そうすることでどこに問題があるかわかりやすく、そこを大問別演習で集中的に攻めて克服することもできました!

この通し演習は夏休み後半、欠かさず毎日解きました。目標は80分で終わらせるかつ160点を越えること。

何度も何度も挑戦して‥

十数回目で達成!(涙)

そこからは多少の変動はあるもののほぼ時間内に目標点数を越えて行くようになりました!

上の写真のように毎日記録していたのも状況が把握できてよかったですよ!

 
 

という感じです。

苦手なものも徹底的に対策することで克服することができます。

ここから夏まで、夏休みの間。この期間は苦手克服にもってこいの期間

逃げずにしっかり向き合って夏明けは当たり前の様に二次私大演習に向かっていけるようにしましょう!

 

清水

————————————————————————————————–

東進ハイスクールたまプラーザ校では、

夏期特別招待講習の受付行っております!

今すぐお申込みいただくと、4講座無料招待いたします!!!

高2生、高1生、高0生のみなさん、

一歩早くスタートして、

本気で頑張る夏にしませんか??

お申込みはこちらから

↑クリックして、夏のスタートダッシュを成功させよう!!