「秋といえば?」藤倉直人 | 東進ハイスクールたまプラーザ校|神奈川県

ブログ

2014年 9月 27日 「秋といえば?」藤倉直人

久しぶりのブログに登場します。藤倉です。

 

今回は、秋と言えば。がテーマということでこの時期の高校時代を振り返ってみようと思います。

 

この時期って受験生の勉強は志望校対策が主になりますよね。高12は次の学年への準備。この辺りの話は他のスタッフがしてくれると思うので少し違った話をします。

 

秋にあるイベントの一つとして、文化祭があると思います。この文化祭、積極的に関われ、何か色々なことをできるのは高校が最後だと思います。それは何故か。大学生になると、文化祭は文化祭運営のサークルに入らない限り、自分のサークル部活単位での出し物になるので、人数の多いサークルでは幹部でなければ、ただ幹部の人達が考えたことに従うことが多くなります。

しかし、高校の文化祭はクラスで何をするか決めることが多いですし、そして関わろうと思えばいくらでも関われる。

 

高校2年の時、クラスの文化祭委員をして、自分たちは模擬店でキーマカレーを作りました。僕の出身高校の文化祭は最終日に模擬店満足度ランキングが発表されます。そこで考えたのは、ランキングで1位になることでした。

 

どうすれば食べてくれる人を満足させられるか。赤字にならない値段設定はどれくらいか。など、勉強とは関係の無い沢山のことを考えた覚えがあります。

 

結果は…1位を取ることができました。

 

その時のことを振り返ると、料理という分野が自分の好きなことだったから負けたくないと感じたんだと思います。

 

勉強とは直接関係ないですが、現時点で自分に自信がある、なしに関わらず、好きなことに関して誰よりも負けたくないと思って頑張ることができるのは勉強にも当てはまると思います。逆に負けたくないと思って勉強をするから自信が持てるようになるのではないかとも思います。

 

だから、自分が好きなことに関しては自信がある、なしに関わらず、自分が

納得できるまで頑張ってみることが大切だと思うので、是非頑張ってみて下

さい!