「苦手科目克服法」東泉蕗 | 東進ハイスクールたまプラーザ校|神奈川県

ブログ

2014年 6月 15日 「苦手科目克服法」東泉蕗

こんにちは。東です。

今まで担任助手が苦手の克服の方法を連載してきましたが、このテーマでの記事は私が最後になります。

最後までしっかり読んでくださいね。(^^♪

 

思い返してみると、高3のこの時期は、正直、得意科目がなく、すべてにおいて苦手でした。

自分のなかではやっているつもりだったのに、学校でのクラスは一番下からなかなか上がれず、周りがどんな勉強法をしているのか気になるけど聞けない、というような生徒でした。

そんなときに、母から問題集を解くときのノートの書き方を変えてみるとよいということを言われ、実践してみることにしました。

すると、点数がぐんぐん取れるようになり、勉強が楽しいと思えるようになりました。

以下、一例ですが、私が実践してよかったと思っているノートの作り方を載せていきたいと思います。

 

*数学

 問題や、自分の解答のほかに、その問題におけるポイントなどを一緒にまとめていました。

 

*センター

センターの過去問演習講座を解いた時や、模試を解いたときなど、自分が間違えたポイントや反省点などをまとめていました。

 

 上の写真は模試の反省、下の写真はセンターの問題の間違えた点をまとめたものです。

自分のミスを把握し、問題を解くたびに振り替えることが苦手意識をなくしていく、一番早い方法だと思っています。

 

参考になりましたか?

次はセンター演習についてです。

過去問演習講座を有効活用していきましょう!!