「過去問演習活用法」吉川香蓮 | 東進ハイスクールたまプラーザ校|神奈川県

ブログ

2014年 11月 5日 「過去問演習活用法」吉川香蓮

こんにちは。吉川香蓮です。

毎日とっても充実してます。時間が過ぎるのが怖いです。

 

今回は過去問のお話だよ~~。

 

初めて過去問をやったのは、

去年の9月の過去問演習会かな。

 

感想は一言。

 

「え。なにこれ(笑)(笑)(笑)」

 

 

 

センターの問題も満足に取れない自分にとって

とにかく難しすぎた。笑

 

それでもなぜか焦らなかったんですよね。

 

「今はできなくて当たり前。いつかできるようになればいいや。」

 

って思ってたんですよ。

 

そしてそれをしっかり行動に移しました。

 

思っているだけじゃなにも変わらないんだから。

 

なんとかしてできるようにしなければいけないって

 

毎日必死だった。

 

過去問をとくたびに、

 

なんでここを間違えたの?ここはしっかり理解して解けたの?

自分の何が足りない?

 

ってやってましたね。

 

弱いとおもったところは全力でつぶす。

 

そのために基礎基本に振り返る時間もしっかり作ってました。

 

単語などの暗記ものは自分がしっかり覚えるまで

 

絶対に妥協はしませんでした。

 

だらだらやる時間がないように、

短時間で集中するように意識をしていたし。

 

あと少し、あと1問、って、

 

絶対に自分は受かると信じてたことが

 

合格に結び付いたのかな。

 

自分ってこんな根性あったんだ、、

 

って初めて感じました。笑

 

つまりは、

 

自分の意志を持って、

できない自分を認めて、

しっかり過去問と向き合うことが大切です。

 

受験とは、いかに自分を伸ばすかが勝負です。

 

今なにかできていないことがある人は、

まだまだ伸びしろがあることだと思いますよ!!!!!!!