みなさん、大内が書きますよ。(おーうち) | 東進ハイスクールたまプラーザ校|神奈川県

ブログ

2016年 1月 11日 みなさん、大内が書きますよ。(おーうち)

こんにちは!

大内です。

もうセンター試験直前ですね。

今日は僕から、君たちへメッセージを送りたいと思います。

 

さてみなさん!

突然ですが…

大学受験ってなんで“大変”なんでしょう?

考えたことありますか?

 

試験範囲がめちゃめちゃ広いから?

内容がすごく難しいから?

たくさん勉強しないといけないから?

 

そうだね。

それも、その通りだと思う。

 

でも、僕が思う

大学受験が大変な一番の理由は、

どれだけ勉強しても、合格できるか分からないから。

これなんじゃないかな、と思います。

 

——ずっと頑張ってきた。辛いこともあった。苦しいこともあった。

すべてを投げ打って、ここまできた。でも、何も得られないかもしれない——

 

こんな気持ちが心と頭に入ってくる。

 

不安、心配、緊張、焦燥。

漠然とした負の感情が、どんどん増殖して

「当日ここの問題で点数が取れなかったらどうしよう」

とか、

「私は本番に弱いタイプだから…」

とか色々考え始めてしまう。

 

最終的には、

不安になること、心配になること自体

悪いことと思って

「不安になってる…!だめだ!マイナスな感情は捨てろ…!」

って頑張るけど、

結局マイナスな感情が増えていって、

「私はプレッシャーに負けてる、弱い人間だ…」

と、結論づけてしまったりします。

中にはそれで勉強が手につかなくなる人も、いると思います。

 

 

そ ん な 不 安 な 人 へ 。

そ ん な 心 配 な 人 へ 。

 

メ ッ セ ー ジ を 送 り ま す 。

 

みんなへ。

 

君のその不安、その心配。

どうにかして、どこかにやってしまいたいかもしれない。

解決してしまいたいかもしれない。

でも僕は、

少しくらい、

不安なままでいいと思います。

心配なままでいいと思います。

 

受験が“大変”な理由は、

“合格できるか分からないから”だとしても、

受験が“不安”で“心配”な理由は、

きっと、

“合格したいから”。

 

ここまでの受験勉強、

その時その時は自分なりに一生懸命でも

もしかしたら、夏休みとかを思い返すと

「もっとできたんじゃないか?」って思ったり、

実際ちょっと疲れて、休んでしまったりしたこともあったかもしれない。

 

それでも、

本気で勉強してきたでしょ?

苦労して勉強してきたでしょ?

間違いなく人生で一番、勉強してきたでしょ?

 

そんなに一生懸命になって、

本気になって、

歯を食いしばって、

涙をこらえて勉強してきたのは、

きっと心から、

“合格したいから”。

 

本気だから、

不安にもなるし、心配にもなる。

君が本気で合格したい限り、

その胸にある不安や心配は、なくなりません。

 

だから、

不安になっていい。

心配になっていい。

 

 

君のその気持ちは、決して“弱さ”じゃないと思います。

きっと、

ただ、ちょっとだけ行き過ぎちゃった“情熱”です。

 

“合格したい”

という情熱が、ちょっと人より多いだけです。

 

君は、弱くなんかない。

 

だって、考えてごらん。

 

——ずっと頑張ってきた。辛いこともあった。苦しいこともあった。

すべてを投げ打って、ここまできた。でも、何も得られないかもしれない——

 

もしかしたら、そうかもしれない。

でも、

その“かも”にすべてを賭けることのできる君は、

充分、強い人間だよ。

 

 

だから、そのままの君で、

試験会場へ、

本番へ、

第一志望の大学へ、

君の望む道へ、

そして、君の描く将来へ。

 

さぁ、行っておいで。