だれたときのモチベーションの上げ方(明治大学・経営学部) | 東進ハイスクールたまプラーザ校|神奈川県

ブログ

2017年 6月 4日 だれたときのモチベーションの上げ方(明治大学・経営学部)

うも!2年担任助手の宿本昂です!さてさて、本日は、「受験勉強のモチベーションの上げ方、保ち方」というテーマをいただきました。

受験生の時期、私は7月半ばまで部活をやっていました。実際、引退するまでは勉強する時間がなかったものですから、どうにかしてみんなに追いつこうとモチベーションはそれなりにありました。(参考にならなくてごめんなさい💦)
引退してからは、猛勉強をはじめたのですが、やはり途中でダレることもしばしば…。まぁ、集中力をずっと保ち続けるのは無理とは言わないけれど難しいですよね(笑)そんな時、自分は大学に行っている人の話を聞くことでモチベーションを上げてました。身近な大学生…そう、担任助手です!先輩方が大学でどのようなことをしているのかをよく聞いていましたね。もちろん、勉強に関する話も聞きましたが、それよりも大学のサークルの話や雰囲気の話、大学生が勉強以外でどのようなことをやっているのかなどを聞く方が好きでした。それを聞いたら、自分は(単純だからかもしれませんが)、「そんな楽しい大学生活が待っているのなら、残りの期間、頑張ってみよ!」って思えてました。担任助手ではなくても、部活の先輩とかでもいいかもしれません。自分が目標としている(行きたい行きたくない関わらず)「大学」というところに通っている人たちに是非話を聞いてみては??