わたしのなつやすみ | 東進ハイスクールたまプラーザ校|神奈川県

ブログ

2015年 8月 15日 わたしのなつやすみ

こんにちは!
 
吉田美麗です!
 
 
 
 
暑い日が続いていますが、皆さん体調はいかがでしょうか?
 
 
 
 
適度な水分補給は大事です。お忘れなく。
 
 
 
 
さて、今回のブログのテーマは「受験時代の夏の過ごし方」なので、
 
 
 
 
私の受験時代のタイムスケジュールを皆さんに紹介します。
 
 
 
 
参考にしてください。
 
 
 
 
大体こんな感じです。
 
 
 
  
 
 
 
 
 
まず、5時までには起床。これは必ず守りました。
 
 
 
 
6時半には校舎到着。開館まで30分あるので、入り口の自動ドアの前で高速マスターをしていました。
 
 
 
 
勿論、7時登校です。
 
 
 
 
午前中は前日にやった世界史の復習をしたり、英語と国語のセンター演習をしたりしました。
 
 
 
 
お昼後は眠なるので高速マスターをするか単語帳を見ていました。
 
 
 
 
因みに、私は夏休み前まで世界史が苦手でした。
 
 
 
 
特に中国史。
 
 
 
 
これは何とかしなければ!と思い、午後は世界史を中心に勉強していました。
 
 
 
 
その結果・・・
 
 
 
 
なんと、中国史が得意になりました!わーい!!
 
 
 
 
そして、閉館後、帰宅したら、
 
 
 
 
その日にまとめたノートを見直したり、単語帳を見たりしていました。
 
 
 
 
ざっくりと書きましたが、私が受験時代の夏の生活で言えることは、
 
 
 
 
「いつ、何をやるか」を明確にしていたことです。
 
 
 
 
1日のうちに出来ることは限られているから、
 
 
 
 
「出来ることは今日のうちにやってしまおう」と思ったわけです。
 
 
 
 
皆さんはどうでしょうか。
 
 
 
 
今出来ることを出来ているでしょうか?
 
 
 
 
昼食の時間を長く取りすぎてしまった、友達と喋り過ぎて気づいたら時間が過ぎていたなど、
 
 
 
 
勿体無い時間の使い方をしてはいませんか?
 
 
 
 
例えば30分だけ、する筈の勉強をしなかった時間があるとして、
 
 
 
 
それが1週間続いたら、210分。授業約2コマ分の時間です。
 
 
 
 
さらに2週間続いたとしたら、420分。ほぼ授業5コマ分の時間です。
 
 
 
 
その差を埋めるのは、中々難しいでしょう。
 
 
 
 
ですから、夏を機に、今までの生活を見直してみて、
 
 
 
 
是非、悔いのない受験生活を過ごしてください。
 
 
 
 
それでは、良い夏を。