センター試験で学ぶ(上智大学 総合人間学部) | 東進ハイスクールたまプラーザ校|神奈川県

ブログ

2016年 12月 22日 センター試験で学ぶ(上智大学 総合人間学部)

こんにちは♪ 1年担任助手の青山まりんです!

センター試験まであと少し!

実は、私はセンター試験にはあまりいい思い出がありません。

文系科目までは順調でしたが、数ⅠAの試験が思っていたより難しくなっていて、そこでパニックになってしまいました。その後の数ⅡBや理科の試験では、数ⅠAでのショックを引きずったままだったので、うまく集中できず結果も満足のいく点数はでませんでした。

しかし、このセンター試験での苦い経験があったからこそ、その後の一般入試を乗り越えられたと思っています!!!!!!!!つまり、このセンター試験での経験によって、身をもって「気持ちの切り替え」の重要さを知りました。

 ここで私が1番言いたいことは、もちろん気持ちの切り替えも大事なのですが、そちらではなく、センター試験で存分に本番の試験での、自分の精神状態を感じてみて!ということです。センター試験は多くの人にとって、初めての本物の大学受験につながる試験でしょう。もしかしたら、今まで知らなかった自分の性格を知ることができるかもしれない。意外にも本番の試験では全然緊張しないかもしれないし、めちゃくちゃ緊張してしまう可能性もある、友達と休み時間に気軽に話せる子もいれば、休み時間は1人で単語帳を見ていたいと思う子もいるでしょう。ここでしっかり自分の性格を理解することが出来れば、それは大きな成長です。

センター試験はきっと、とっても貴重な経験になります。私は、大学受験という初めてのことに挑戦すると決めたみんなを尊敬します!!みんながどんな経験をしてきても、私はみんなのことを見守っているよ♪

1年 青山まりん