モチベーションの上げ方 (聖心女子大学・文学部) | 東進ハイスクールたまプラーザ校|神奈川県

ブログ

2017年 6月 3日 モチベーションの上げ方 (聖心女子大学・文学部)

こんにちは。原田です。
夏らしい天気になってきましたね☀︎

もう4年も前になりますが、高3のこの時期にテニス部を引退して受験勉強にシフトしたのを思い出します。

切り替えるのが大変だとよく聞いていたので、負けて引退したその日の夜に東進によって、なんとか気持ちを切り替える努力をした記憶があります。

この時期になるとそんなことを思い出しますね〜(笑)
 
さて、本題に入りますが、
みなさんは「セルフコーチング」って聞いたことがありますか?

今日はモチベーションの保ち方の1つとして、セルフコーチングを紹介します!
 
そもそも、コーチングとは、
「目標を達成するために、質問や対話によって自発的な行動を促すためのコミュニケーション技法」のことをさします。

そしてセルフコーチングとは、名前の通り、自分自身をコーチングすることです。
 
セルフコーチングの手段の1つに、自問自答によって深掘りしていくというやり方があります。
 
モチベーションアップのためなら、たとえば、
「なぜ受験をするのか、させてもらうのか?」
自分自身に質問して、自分で考えてみる。
 
この問いであれば、
「夢を叶えるためにあの大学、学部に行きたい。」
「自分が頑張ることで家族に恩返ししたい。」
「今までの自分を変えるために挑戦したい、限界を超えたい。」
「志望校に合格して、かっこいい人たちがたくさんいる環境で学びたい!」
いろいろあると思います。
自分なりの答えでいいと思います。
 
勉強のやり方であるなら、たとえば、
「いつまでにどれくらいとれるようになればいい?そのためにいつまでに何をすればいい?じゃあ今週はどこまでやる?今日は?」
「トータルで合格点をとるなら、各科目何点とれればいい?ではそのために普段どの科目にどのくらい時間をかけるべき?」
「試験中の時間をコントロールするために、どこに何分かける?一問何秒くらい?どの順番で解くとトータルでとれる?」
「昼間集中するために、何時間寝れば良い?眠くなることを防ぐために、どんな順番で勉強していくといい?」
これは一例ですが、こんな風に自分に問いかけて常により良い勉強法を見つけていってください!
 
コーチングとは、東進では担任助手が面談などでみんなの考えを整理するために行うものです。
それを自分自身でやってみると、モチベーションの維持や勉強の質もあげられると思います。もちろんいつでも担任助手に相談してね!
 
長々と失礼しました。
6月模試まであとちょっと!頑張ろう(^O^)

原田