併願校っていつやれば、、、(明治大学・経済学部) | 東進ハイスクールたまプラーザ校|神奈川県

ブログ

2017年 11月 19日 併願校っていつやれば、、、(明治大学・経済学部)

どうも!担任助手の宿本です。

本日は「併願校の対策」についてお話しさせていただきたいと思います。

受験生の皆さん、今は第一志望の大学に向けて過去問を山ほど解いていることだと思います。

まだ、そこまでできていないという人でも最低一年分くらいは触れている人がほとんどでしょう。

自分も12月の頭までひたすら第一志望校の過去問を解いていました。

もう2年も前の話とは思えません、、、(笑)

皆さんの中には、併願校の対策をすでに始めているという人も多くいるのではないでしょうか。

私が本日伝えたいことは「受ける大学は早めに一年分は解いておけ!」ということです。

過去問は、あくまで大学の問題、意図、傾向を知るものだと思っています。

ただただ知識をつけたいなら難しい問題集を解くのと同じですよね?

 

でも、そうではなく過去問を解く意味を一回考えてみてほしいです。

大学が毎年どのような問題を出してくるのか、

自分が一点でも多く取るためにはどうやって解けばいいのか、、、

などなど考えるための過去問です。

併願校でもなんでも、傾向や問題を早く知れることに越したことはありません。

併願校の過去問を解く予定がない人は、

一度併願校の問題を解くプランを考える時間を設けたほうがいいかもしれませんね。

もちろん、困ったら我々担任助手を用いてください。

いつでも手助けしますよ!