併願校の決め方(青山学院大学 理工学部) | 東進ハイスクールたまプラーザ校|神奈川県

ブログ

2019年 9月 19日 併願校の決め方(青山学院大学 理工学部)

こんにちは!青山学院大学1年の古川です(^^)

9月も半分以上終わりましたが、生活リズムは戻ってきたでしょうか?

高3はそろそろ併願校を決め始めている頃だと思います。ということで、今日は私どうやって併願校を決めたのかをお話しようと思います!

私は国立(前期・後期)に加えて私大の一般受験を4校(うち2回は青学)、センター利用を4校(青学含む)出しました。

滑り止め(安全校)はどこまで受ければいいのか悩んでいる人も多いと思うので、参考までにどうやって私が安全校を決めたのかを具体的にお話しようと思います。

私は数学が得意で英語が苦手でした。なので、英語の配点が低く、かつ数学の配点が高いセンター利用を探しました。

どうしても経営工学系に進みたかったため、経営工学のある大学のセンター利用を調べたらセンター利用の配点が私に向いている大学を見つけました。

なおかつ過去の合格最低点から吟味して受かるだろうと思い、その大学を安全校にしました。

無事合格しましたが、今年はセンター最後で浪人できない年なのでセンター利用のボーダーは例年より上がると見越しても良いと思います…

なので、過去の最低点を鵜呑みにはしないで、参考までに…

あくまで私の話なので、参考までに!もし理系国立志望で併願に悩んでいる人がいれば相談に乗るのでいつでも声かけてくださいね。