併願校を選ぶ (東京工業大学理学院) | 東進ハイスクール たまプラーザ校 大学受験の予備校・塾|神奈川県 東進ハイスクールたまプラーザ校|神奈川県

ブログ

2021年 11月 24日 併願校を選ぶ (東京工業大学理学院)

おっすおっす播田實です<( ‘ω^ )

 

最近僕のブログ担当回が少なくてすっかりレアキャラになってしまいました(自分で言わない方が良さそう). 待っている人はいないかもしれませんが万が一いた時のために今回も書いていこうと思います

 

今回は簡単にではありますが併願校を決める際に注目したいポイントについて書いていきます!ということなので受験生向けですねどこかで聞いたことのある話だと思うのでそんなこと言われたな〜と思いながら読んでいただけると良いかと思います

 

まず第一志望の大学の問題の傾向や形式難易度が近い大学・学部・学科であることは全く興味のない学部や学科であっても練習として受験する価値があります無論興味のないところを受験するのは気が乗らないかもしれませんが文字通り力試しの意味合いが強いのでぜひ検討してみてください

 

次に第一志望にもし合格できなかった場合に進学したい・進学しても良いと思える大学であるかどうかですいわゆる滑り止めですねこのような大学を受験する必要性はここで言われずともわかっていると思います自分から進んで浪人したいと願う人は非常に珍しいと思うのでそういった人でなければ滑り止めを何校か受験するべきでしょう

 

受験生は滑り止めだけを受験しようと考えがちですが先に述べた練習としての力試しとしての受験も考えて良いと思います難易度や傾向が近いことのメリットは自分ができるところとできないところを本命の直前に実際の試験会場で体感できるということが大きいと思いますさらに言えば傾向が近いとその類題が本命で出題された場合に有利になります当然併願校の受験後に復習等をしていればですけどね

 

これからの時期は併願校はもちろん第一志望でさえ迷ってしまうこともあると思いますしさまざまな選択を迫られることになると思います後悔のない選択をするために調べられることは全て調べるとかできることは全てしましょう残された時間を有意義に使っていきましょう!

 

 

以上読んでくださりありがとうございました\(^o^)