共通テストと二次の勉強比率(横浜国立大学理工学部) | 東進ハイスクール たまプラーザ校 大学受験の予備校・塾|神奈川県 東進ハイスクールたまプラーザ校|神奈川県

ブログ

2021年 10月 12日 共通テストと二次の勉強比率(横浜国立大学理工学部)

こんにちは。担任助手一年の西本です! 今は大学が原則オンライン授業なのであまりに友達に会えなくて寂しいです。

今回は今の時期、共通テストと二次私大の勉強はどの程度の比率でやればいいのかを書きたいと思います。

この時期になってくると理系は数Ⅲもやらなければいけないのでやるべきことが多くて悩んでしまいますよね。当日に何をやるのか決めるのではなくて一週間分、一か月分の予定を決めることが大事です。

 

結論から言うと今の時期に何をするべきかは、志望校と自分の今の実力によって変わってきます。

 

例えば東工大などの足切りににしか共通テストを使わず、もう共通テストも合格点くらいは取れるという人は絶対に二次試験をメインに勉強した方がいいと思います。

反対に都立大などを志望していて共通テストが全然とれていないという方は共通テストの比率を大きくした方がいいと思います。

 

このように使うかどうか」「取れているかどうかをメインに考えるといいと思います。もっとも共通テストの方が基礎問題が多いので共通テストで点数が取れない人は総じて二次試験で点数が取れない人が多いので基礎は完璧にしましょう!!!