受験生のみんなへ〜(聖心女子大学 文学部) | 東進ハイスクールたまプラーザ校|神奈川県

ブログ

2017年 2月 9日 受験生のみんなへ〜(聖心女子大学 文学部)

 

 

こんにちは!原田です!
受験生のみんなに何を伝えようかな〜と考えていたのですが、人それぞれ状況も違うと思うので。今年一年私が担任としてみんなを応援させてもらって感じたことお伝えしたいと思います。
 
私がみんなを見てきて強く感じたのは、ご家族からのみんなへの大きな愛情です。もちろんその形や表現はご家庭によって異なると思います。もしかしたらみんなにとっては素直に受け入れられないこともあったかもしれません。でもみんなのことを誰よりも知っていて、誰よりも応援してくれているのは、ご家族だと思います。
 
私がお話しできたのは担当させてらもらった子のご家族だけですが、きっとみんなみんな、温かい応援のもと、ここまで頑張れたのではないかと思います。
 
「感謝をしなさい」とは言いません。でも、応援してくれている人の存在に気付けて温かい感謝の気持ちを持てたのなら、それはとても大きな力に変わると思います。私もきっと両親にたくさん応援されてきたのだろうと担任をしてより一層強く感じ、残りの大学生活も頑張りたいと心から思えるようになりました。ぜひみんなには受験を通して、まわりの人の気持ちに気付ける、感謝できる人になってほしいなと思います。
 
ここからは私の想像になりますが、ご家族はきっと、みんながこれまでの努力を出し切れること、頑張ってよかったって思えることが一番嬉しいのではないかと思います。もちろんその結果として第一志望に合格できたら最高だけど、それだけがゴールではないと思います。大学受験がみんなの中で一生懸命頑張った経験としてあとあと自分の背中を押してくれるような期間になることなんかも望んでいるのではないかなぁと思います。だから、応援をプレッシャーに感じることなく、最後まで本気で挑戦していってほしいです。
 
1人じゃないよ、まだまだできるはず。私たちも、みんなが今までの頑張りを出し切って、笑顔で報告しに来てくれる日を心から楽しみにしています。がんばれ!!