大事なこと【立教 法 あおやま】 | 東進ハイスクールたまプラーザ校|神奈川県

ブログ

2015年 12月 13日 大事なこと【立教 法 あおやま】

 

こんにちは!担任助手の青山です。

ブログを書くのは約2カ月ぶりです。

普段は、べらべらしゃべっているボクも

法律の本やらファイルやらに囲まれた部屋で、

本を読んだり、パソコンで仕事をしたりしてることもあるんですよ。

そんなこと言ってもしょうがないですね(笑)

 

そんなボクは、日常でよく思うことがあります。

なんでボクらはイライラしちゃうんでしょうね、

ということです。

 

「喜怒哀楽」というように、

ヒトには怒りの感情は必ずあります。

それは致し方ないのです。

 

だからこそ、

その怒りという、時に禍々しいものを

コントロールすることが大事です。

 

コントロールできなかった時の例として、

「八つ当たり」という言葉があります。

これは(みなさんご存知でしょうが)

腹を立てて、関係のない人にまで怒り散らすことの意味。

 

こういう言葉をよく耳にするということは、

ヒトはなかなか「怒り」という感情をコントロールできない

ということを表しているように思います。

 

そこですべきことは、

もちろんコントロールすることです。

 

でも、具体的にどうコントロールしていいかわからないから、

人に当たってしまったり、

イライラするわけですね。

 

解消する方法の一つとして、

怒りを分けることが大事です。

 

ボクの実体験の中でも

12月というこの時期には、色々なことが積もり積もって、

イライラすることはしばしばあります。

 

そんな時、

いま抱いている怒りは、

自分が主体的に何かすればそれを解決できるのか

不可抗力で自分にはどうすることもできないのか

それで怒りの種類を分けるべきである、ということを

愛読書から学びました。

 

自分もその言葉を受けて、

実践し、

頭を使って日々を過ごすようになりました。

 

感情的で、素直なヒトも、もちろんいていいと思います。

 

ただ、自分の中で、または誰かに指摘されて、

それは違うのでは?

と考えることがあれば、

 

立ち止って考え直してもいいと考えます。

 

自分で自分のストレスを増やすのは、

普通に楽しい人生を送る上で、

ボクは嫌だなと思っただけです。

 

言いたいことは一つなのですが、

グダグダと長くなってしまいました(;O;)

文才の方もつけるように精進していきます( ;∀;)

 

また明日です(^^)/

青山