意思あるところに道はひらける(東京医科大学 医学部) | 東進ハイスクールたまプラーザ校|神奈川県

ブログ

2017年 1月 8日 意思あるところに道はひらける(東京医科大学 医学部)

こんにちは!田中萌子です。

 

センター試験が迫ってきましたね!

本番まであと5日しかない。いや、ポジティブに考えるとまだ5日もあります。

5日もあったら何でもできます!

練習は本番のように、本番は練習のように」という言葉にもあるように、常に本番を意識して演習しましょう。朝から頭を働かせられるよう早起きは当たり前ですよね!センターの本試や大問別を解くときも、時間を厳しめに設定して解きましょう。また、間違えた問題に関しては何を忘れていたのか、どこが分からなかったのか軽くで良いので必ずノートにメモしておくこと。間違えたところをまとめたノートを本番持っていくといいと思います。

焦りや緊張を感じるのは当たり前です。が、マイナスな感情は自分にとって不利に働きます!本番は「よっしゃー!絶対自己最高点とるぞ!!」くらいの意気込みで挑んでください!!

もしわからない問題が出てきても、焦りは禁物です。とりあえず一旦全身リラックスさせて深呼吸してもう一度見てみて、それでもよくわからなかったら飛ばしましょう。時間は限られています、そこではまってしまってタイムロスするよりは、他の問題で点を取ることを優先させてください。それに、時間が経ってもう一度見てみたら何かひらめきがあるかもしれないですしね!!

それに、もし1科目で思うように解けなかったとしても他の科目で取り返せばいいんです。切り替え大事!

 

それともう一つ大事なことがあります!それは周りで支えてくれた人たち、特にご家族への感謝です。ご家族の支えがなかったら皆さんは東進に通うことも、自分の行きたい大学・叶えたい夢にチャレンジすることもできません。この機会に改めて感謝の言葉を伝えてください!あなたが合格して誰よりも喜んでくれるのはきっとご家族の方々です(勿論東進スタッフも大歓喜ですよ!)

支えてくれる人たちの存在が、自信に繋がると思います。会場で問題を解くのは自分一人だけど、沢山の人が応援している、皆がついてるということを忘れないでください。 

 

このブログのタイトルに書いた名言は、本当は英語です。Where there’s a will , there’s a way.

私が現役生だったときにメッセージカードに担任助手の先輩が書いてくださった言葉です。意志あるところに道は開けます!! 

一度だけの本番、皆さんが落ち着いて実力を出し切ることができるよう、祈っています!!!がんばれーー!!!

4年 田中萌子