新担任助手紹介【慶應義塾大学 商学部】from たまプラーザ | 東進ハイスクールたまプラーザ校|神奈川県

ブログ

2016年 4月 9日 新担任助手紹介【慶應義塾大学 商学部】from たまプラーザ

こんにちは!  この春から新担任助手となった渡辺雄也です!

  大学は慶應義塾大学の商学部に進学することになりました。
  実はこの進学先は僕の第一志望校ではないです。第一志望校は一橋大学でした。そこから紆余曲折を経て担任助手になったわけですが、今回は  その時に学んだことを伝えようと思います。
  一橋大学の合格発表後僕は浪人してもう一回受験するか慶應に進学するか迷いました。どれくらい悩んだかといわれると悩みすぎて三食抜いた  程です。僕自身では一橋大学の模試で良い判定をとっていただけにどうしても諦めきれない思いがありました。その時に自分の身に周りの人が「慶應でも立派なのだから恥じる必要はないし、慶應で真面目に勉強すればいいじゃないか」と言ってくれたことで慶應に進学をすることになったわけです。僕は受験生の時に早稲田や慶應のことを見下していた節が多少ありました。確かに国公立大受験生にとっては早稲田や慶應は抑えの学校というイメージがあるのでしょう。しかし最も大事なことは大学には偏差値で測れないものがあるということです。偏差値はあくまで指標です。それを鵜呑みにすることは間違っていることです。偏差値で大学を比較している人は今すぐにその考え方を改めてください。
長くそして拙い文章ですが伝わったでしょうか?聞きたいことがあったらぜひ僕に聞いてください。これからよろしくお願いします!