最高のコンディションで挑もう【なかの】 | 東進ハイスクールたまプラーザ校|神奈川県

ブログ

2016年 1月 18日 最高のコンディションで挑もう【なかの】

こんにちは(・ω・)!!

知らない人の方が多いと思いますが・・・大学1年生の時に担任助手をしていた、中野 麻里奈と申します。

現在は3年生で東京大学法学部に在籍して、主に法律の勉強をしています。

 

みなさん、センター試験が終わってそろそろ落ち着きましたか?

ほっとしたり後悔したり、それぞれいろんな思いをしたんじゃないかなと思います。

私が受験生の時は、センター試験の後、採点が怖すぎて試験が終わった翌日まで放置して、お守りを握りしめて震えながら学校の一部屋に一人でこもって採点しました。

採点にかけた1,2時間でずいぶん寿命が縮まった気がします笑

センター試験が終わってから、するべき勉強はしっかり見えていますか?

対策が二次試験のみに一本化され、何をするべきかは限られてきたのではないかなと思います。

私がセンター試験~二次試験まで特に気をつけていたことは新しいことをやらない、ということです。

限られた時間は全て、今までに間違えた問題の復習や弱点ノートの見直しにかけました。

そうすることで、気持ち的にも自信がついたし、知識の穴を埋めることができて実力もついたように思います。そのおかげで本番はわりと落ち着いた気持ちで臨むことができました。

気持ち面によっても本番の出来は変わってくる、と私は思っています。なのでただ勉強に励むだけでなく、自分自身の気持ちを本番がベストコンディションになるように上手くコントロールしてください。

私は二次試験前日は、自己最高ベストの成績表をながめたり、絶対にできる問題を再確認したり、お母さんに大好物を作ってもらったりして士気を高めていました。

本番が近付くにつれてあれもこれも、となりがちです。私もあの時なんでもっと頑張らなかったんだろう、とかあの時もっとこういう勉強をしておくべきだった、とかどうしてもネガティブになりがちでした。

でも次に活かせる反省は意味がありますが、ただの後悔やネガティブな思考は自分にマイナスしかもたらしません。

その時間は美味しいものを食べたり、見直しをしたりするのに使ってください(._.)

 

もうすぐ受験生活が終わってしまいますが、最後まで気を抜かず、限られた時間を悔いのないように過ごしてください。

みなさんの健闘を祈ってます\(^o^)/