最高の夏休みにするために (立教大学・法学部) | 東進ハイスクールたまプラーザ校|神奈川県

ブログ

2017年 7月 4日 最高の夏休みにするために (立教大学・法学部)

こんにちは!

西村です!
 
早いものでもう7月ですね!
高校生の皆さんは学校のテストが近づいていますね!
テスト勉強大丈夫ですか?笑
テスト勉強が上手く出来ないということも僕たち担任助手に伝えて下さいね!一緒に計画立てします!
 
さて、テストが終わればそこには待ってるものがありますよね…?
そうです!夏休みです!
そこで本日は受験生にとって受験の天王山である夏休みがやってくる前にやっておいた方が良いことを書かせていただきますね!
参考までに見て下さい!
 
夏休みは15時間勉強/日×40日=600時間も勉強出来ます!!
今、学校がある状態で皆さんが1日5時間勉強してるとしましょう。
そうすると600時間÷5時間/日=120日(4ヶ月)分もの勉強を夏休みだけで確保出来るのです。
これってスゴい怖い現実ですよね。夏休みの頑張り方次第で良い方にも悪い方にも転んでしまいます。
だからこそ夏休みは悔いのないように自分の満足のいくように勉強してほしいです!
 
そこで僕から夏休みに入る前のみなさんに伝えたいことは
「夏休みの期間で何の勉強をするかを具体的に決める」
ということです。
 
これは、「英語の文法を夏休みで完璧にする!」ということではありません、
「英語の文法を夏休みで完璧にする為に問題集を3周する必要があるから、1日50題ずつのペースで解く!」ということです。
抽象的に「〜を完璧に」とか「〜が満点取れるように」とかではなく、その為に「〜が必要で〜する」というように具体的に決めて計画立てをすることがとても重要です。
このことを夏休み前に決めることによって、夏に入る決意も出来ますし、何より、自分の納得のいく勉強が出来ると思います。
計画立ては基本的に「自分で考えて」行なって下さい!
それでもアドバイスが欲しい時は僕たち担任助手のところに来て下さいね!皆さんの受験の天王山である夏休みを有意義に過ごせる為に全力を尽くします!
皆さんも悔いの残らないように頑張りましょう!
まずは計画立てから
 
夏を制する者は受験を制する!