模試前のルーティン(青山学院大学 理工学部) | 東進ハイスクールたまプラーザ校|神奈川県

ブログ

2020年 6月 19日 模試前のルーティン(青山学院大学 理工学部)

こんにちは!青山学院大学理工学部2年の古川です。

少しずつ学校に行く人が増えているみたいですね。生活リズムを整えていきましょう!

6/21に全国統一高校生テストが迫ってきています。模試に向けての対策はしているでしょうか?

模試のための対策なんて必要なの?と思う人もいるかもしれませんが、模試は入試の練習です。

本番同様の緊張感を持って臨んでほしいです。(普段の勉強から緊張感を持ってほしいですが。)

今回の全国統一高校生テストは共通テストレベルです。共通テストのリハーサルだと思って臨んでください。

大問をそれぞれ何分ずつどの順番で解くのか、本番と同様にやりましょう。

そのためにも、模試前に最低でも一通りは目を通すようにしてください。

受験生は過去問演習講座を使っている人も多いと思うので、活用してみてください。

模試で高得点が取れれば自信にもつながります。第一志望校にするためには6月の時点で何点取らなければならないのかを考えた上で、模試前にどのくらい演習の時間を取るべきか考えましょう。

また、入試の直前に何をやるのかルーティン化していたほうが落ち着いて本番を迎えられると思います。

例えば、私の場合入試の直前はずっとやってきた英単語帳、無機化学の参考書、数学の計算演習の問題集をやっていました。

模試の前にも毎回やるようにしていました。入試直前になっていつもと違うことをやると余計に焦ってしまうので、早めにルーティーン化しましょう。

模試も残りの回数が少なくなっていきます。1回1回を大切にしましょう!