模試後にすべき事(東京都立大学 経済経営学部) | 東進ハイスクールたまプラーザ校|神奈川県

ブログ

2020年 5月 22日 模試後にすべき事(東京都立大学 経済経営学部)

こんにちは。東です。

みなさん!4月模試お疲れ様でした!

今回は普段とは実施方法も変わり、大変なことも多かったと思います。たくさんのご協力ありがとうございました。

 

さて、模試はいかがだったでしょうか?自分の満足のいく結果は出せましたか?新学年になってはじめての模試でした。しっかり復習して、今の自分の弱点をあらいだしてくださいね。

ここで1つみなさんにお聞きしたいことがあります。わたしが普段みなさんとお話をしていてすごく感じるのですが、どうも模試後の取り組みについてどうしたらいいのかいまいち分かっていないのではないでしょうか?模試後の分析は今後成績を上げていく上で要となっていく部分です。ここで今一度確認しておきましょう。

しっかり確認しておきたいことは、模試が終わったら必ずその日のうちに丸つけをしましょう!!そして、自分が何をテスト中に考えていたのかをしっかり思い出してください。問題11問について、どうしてそのような答えを導き出したのか振り返ることも大切です。しかし、よく忘れられますが1番大切な確認すべきことは「問題を解いている時の自分がどんな心理状態でいたか」です。

知識が足りないのであればこれからいくらでも知識量を増やす時間はあります。安心して弱点を洗い出し克服に時間を使ってください。

しかし、心理状態を改善するには意識をした時間の使い方をしていかねばなりません。緊張しやすいタイプなのか、試験中であろうが眠くなってしまうタイプなのか、いろいろあると思います。自分のミスの原因タイプを探してください。そして、これを克服するために何ができるかを考え次の模試で試してみてください。これの難点はなかなか克服方法が見つからないことです。長い戦いになりますよ。数が限られている模試でこれをやらなければいかないので、ゆっくりしている時間はありません。毎回毎回の模試を大切にして向き合ってください。

では、この「心理状態の改善」をするとどんな良いことがあるでしょうか?みなさん一度は言ったことありますね?「分かってたのに、なんか分かんないけど間違えた!」「ただの計算ミス」これです!この「よく分からないミス」を減らすことができます!この類のミスはみなさんに軽く見られがちです。みなさんは知識が足りないことばかりに目がいって焦りを感じます。しかし!皆さんにとって1番恐るべきミスは、この「よく分からないミス」なのです!このミスによるたった1問が皆さんの首を絞めていきます。

「ただの計算ミス」を侮るなかれミスはミスです。しっかり向き合ってくださいね。