理系で一番大切なのは | 東進ハイスクールたまプラーザ校|神奈川県

ブログ

2015年 6月 22日 理系で一番大切なのは

数学です。

こんにちは。田中萌子です。

英語も理科もあるじゃん!!って思った人、確かにそうです。でも理系受験で最もボリュームがあり、かつその点差で合否を決めるのは数学です

理系数学はⅠAⅡBⅢまであって、かなり重い教科です。また、二次試験で出題される問題はかなりの応用レベルばかりです。

私は生徒時代、数学が一番苦手で数学に足を引っ張られ続けていました。それでも、嫌いな数学から目を背け化学や生物ばかり勉強していました。


しかし、苦手な教科は、触れなければ解けるようにはなりません。

何もしなくても成績が上がる、なんてことは絶対にありえません。

だから、数学が苦手だけどとにかく解けるようになりたいそこの君!
ひたすら問題演習をしましょう。

全然わからなかったら基本問題からでいいんです。微積の計算練習から始めてもいいんです。そこから問題のレベルを少しずつ上げていけばいいんです。

私は高2の後半でセンター試験の数学40点前後でした。そこから危機感を覚え、数学を毎日解くことにしました。
特に苦手だった数列や図形と方程式は、学校で配られた基本的な問題集や東進のテキストを何周も解き直しました。
その日に解いた問題は家に帰ってからもう一度解き、さらに翌日また解きました。この時点で解き方を忘れていたものは付箋を付けておき、週末にまとめて解くようにしていました。

このように毎日数学の問題をとにかく解き続けた結果、その次の模試では90点前後まで成績を上げることができました。


その科目が苦手だからといって、逃げていては何の解決にもなりません。

もし苦手を克服したいのなら、向き合って戦いましょう。少しずつでもいいから毎日やりましょう。


根気強く問題を解いていけば、必ず点数は上がります。負けずに頑張りましょう。

 

田中