私が大学で学んでいること(日本女子大学家政学部) | 東進ハイスクールたまプラーザ校|神奈川県

ブログ

2021年 5月 20日 私が大学で学んでいること(日本女子大学家政学部)

こんにちは!担任助手二年生の本木です!

最近は暖かい日も増えてきて少し汗をかくようになってきましたね!

さて、本日は私が大学で学んでいることについてお話していきたいと思います。

私は日本女子大学の家政学部の家政経済学科というところに通っています。

「家政経済学科って普通の経済学部となにが違うの?」と思う方が大半だと思いますが、簡単に説明すると、家政経済学科では普通の経済学ではなく、その中でも家政に特化した経済学を学べるということです。

もう少し詳しく説明すると、二年生の時に経済・経営コースと公共・生活コースの二つに分かれるのですが、前者に進めば他大学の経済学部と同じような内容を学べ、一方の後者を選択すれば家政に特化した経済学を学べるようになっています。

日本の中で家政経済学科は日本女子大学の一つしかないので、この大学でしか学べない!というような内容が非常に多く、大学の授業が楽しいです。

私は食品の流通について今の世の中に疑問があり、特に社会問題にもため、大学で学んでそれを社会に出たときに生かしてより良い社会にしたいという夢があるからです。

 

自分の夢や個志を叶えるために大学に行くと考えると、大学生活がとても楽しくなります。

 

もし今、志望校で悩んでいる方がいらっしゃったらぜひ自分が将来なにをやりたいのかなどを考えてみてください。

 

読んでいただきありがとうございました。