誰にだってできる。でもやる覚悟がいるよ。【かんの】 | 東進ハイスクールたまプラーザ校|神奈川県

ブログ

2016年 2月 1日 誰にだってできる。でもやる覚悟がいるよ。【かんの】

こんにちは!!

担任助手一年生の菅野です^ ^

 

今回は高校1.2年生に向けたフリーテーマということで、

 

私はこの時期の重要性について伝えたいと思います!

 

私は国公立文系でしたが、

志望校は高校2年生の夏に決めました。

 

私が高校二年生の頃にしていたことは、

 

英語でいえば

ターゲット1900

数学でいえば

青チャート。

 

この2つを徹底的にかつ完璧にやりました!!

 

高校二年生終了の時点で

英語ならセンターで8割程度。

数学なら他塾の模試で偏差値70は超えていました。

 

そして、もちろん毎日予備校には行っていました!!

 

国公立志望者に限った話になりますが、国公立の合否が決まるのは入試の日ではありません。

 

いつでしょうか?

 

それは高校二年生の3月31日までです。

 

(あくまで持論ですが笑)

 

ただでさえ科目数が多く、さらに質、難易度ともに高い国公立の入試問題と対等に闘おうとするのに、

 

高三になってから本格的に勉強を開始するのでは間に合うはずがありません。

 

間に合うとしたらこういうことですよ。

 

たった一年間本気で勉強すれば、

東大、東工大、一橋など日本の最難関大学に誰でも合格できる。

 

いやいやそんな甘くないですよ笑

 

だから今この時期こそ頑張りましょう。

 

少し脅しましたが、これが事実です。

 

でも今から頑張れば大丈夫。

今からエンジンフル回転で突っ走りましょう!!

 

担任助手の皆も全力でサポートしますよ!!