部活と勉強の両立 | 東進ハイスクールたまプラーザ校|神奈川県

ブログ

2016年 5月 28日 部活と勉強の両立

こんにちはー!!
大内です。

今日は部活と勉強の両立について
書きたいと思います!

特にハードな部活に入っている人
読んでみてね!

僕は高校時代、
野球部に所属していました。
朝練は毎日、午後練は夜の9時まで
ありました。
高校1年生のときは
まだ体力がなかったこともあり、
家にたどり着いた瞬間、力尽きて
玄関で寝たことは一度や二度では
ありません。

そんな生活をしていると、
勉強なんてやってる暇がない、、、
と思ってしまいます。
事実、高校1年生の時は
寝るか、野球をするかでした。

しかし、高校2年生のときに
浅見さん(以前ブログにも書いた、
当時の僕の担当担任助手の方)に
言われた2つのことが、
未だに心に残っています。

「部活をそれだけ全力でやって、
さらにいい大学へ行く。
これは、ものすごく贅沢なことなんだ。
だから、贅沢をしたいなら、
人より工夫して、
人より頑張らないといけない。」

「勉強ができないことを
部活のせいにしない。
部活ができないことを、
勉強のせいにしない。」

この2つのメッセージは、
部活と勉強だけでなく、
様々なものを「両立」するときに
必要なメンタリティだと思っています。

人より頑張れ。
人より考えろ。
自分ができない理由を探すな。

浅見さんは、
まだ甘さのあった僕に、
必要なことを言ってくださいました。

一方で浅見さんは、
こうも言ってくださいました。
「部活と勉強をいつも50:50に
しなくていい。
大会前は、部活が95でもいい。
その分余裕があるときに、
勉強を60とか70にすればいい。」

その場その場で臨機応変に。
先まで見据えて、
勉強できる時間を見つけなさい。

そういうことだと思います。

僕は、毎年、
現役に時代に浅見さんに
言われたことを、
ほぼそのまま言っています。

できない理由を探す前に、
人より考えて、
人より頑張って、
先まで見据えた上で、
その場その場で臨機応変に。

堅い心と、柔らかい頭で。

そうすれば、終わったときに、
「頑張ってよかった」
思えるはずです。

部活と勉強の両立は大変です。
でも、不可能ではないし、
普通の人が味わえない、
濃縮された経験ができます。

是非、部活も勉強も頑張ってください。