量と質 | 東進ハイスクールたまプラーザ校|神奈川県

ブログ

2015年 6月 23日 量と質

こんにちは!

丹羽です(^O^)

 

 

唐突ですが、

 

私は受験生のこの時期、日本史の点数が

 

とーっても悪かったです。

 

 

ただ、日本史自体は好きでした!

 

 

そういう方は多いのではないでしょうか?

 

"好きだけど点数がついてこない"

 

そんな皆さんへ私からお話しします!

 

 

①まず点数がついてこない原因は?

 

これはですね、『量』の問題であると私は考えています。

 

一度や二度触れたぐらいでは得意になんかなれません。

 

これでもかってくらい、嫌になるくらい、何度も何度も触れていくことが重要だと思います。

 

やったつもりになっていても実はまだまだやれる時が多いです。

 

そんな時に”あと少しでもいいからやってやろう!”という方向に進めるかどうか。

 

特に好きなのであれば有利ですよね!

 

本当に『量』が足りているか、一度振り返ってみて欲しいなって思います。

 

(ちなみに私はこの時期、

自分では多く触れたつもりでいたけれど、

周りを見渡したらまだまだだったんだなと

夏休みになって気付かされました。)

 

 

②さらに点数へ結びつけるには?

 

量は積んだ上で、あと何が足りないのか。

 

『質』ですね。ありきたりですけど。笑

 

量を積んでいくと、

❶明確に理解できる範囲

❷もやもやっとしている範囲

❸全く理解できない範囲

の大きく分けて3つに分けられるのでは?

 

ここで全てを一定量学習してしまうと

正直時間もあまりないですし、効率悪いのではないかなと思います(._.)

 

そこで、

❷❸は時間の比重を多くし、は少し少なくしてみると

効率よく回っていきました。(私の場合)

 

特にの分かるようで分からない範囲は

早く片付けたかったので、用語集や資料集でこまめに調べて

別のノートにまとめ、受験直前は毎日見ていました。

 

は完全に理解出来ていないので、基礎的な部分から。

 

 

まとめると、自分の『量と質』をもう一度振り返って勉強方法をより良い方向へ改善していきましょう(^O^)

 

丹羽