隙間時間の有効活用(日本女子大学家政学部) | 東進ハイスクールたまプラーザ校|神奈川県

ブログ

2020年 9月 5日 隙間時間の有効活用(日本女子大学家政学部)

こんにちは!1年の本木です!

今回は隙間時間の有効活用についてお話ししていこうと思います!

変な話になってしまうかもしれませんが、私は受験生時代自分の家のトイレでものすごく勉強していました!!

きっかけは、私が中学受験をしたときです。

祖母の家で勉強をずっとしていたとき、机で勉強するとなぜかあまり集中できず気が散ってしまう日が多く、どうしようか悩んだあげくトイレに一度だけ持ち込んで勉強してみました。そうしたら、思いのほか集中でき、その時は便座に座りすぎておしりが痛くなってしまうほどでした。

そこから私はトイレに勉強道具を持ち込むようになり、便座を机替わりにして勉強するようになっていました。

これだけ読むと、ただトイレが好きな人になってしまうかもしれませんが、つまり皆さんには自分がここなら必ず集中できる!!!という場所を見つけてほしいということです。

それは東進でも、自分の家でも、祖父母の家でも、カフェでも構いません。ここならはかどるという場所を見つけておくと、集中して勉強しなければならない時にそこに行けば出来るという自信にもつながるし、そこに行けば進むという確証ももつことができます。

勉強はただやればいい、というわけではありません。そこには必ず高い質が求められます。

なので、限られた時間を効率的に使うためにも自分が質の高い勉強を出来る環境を見つけてみてください!