隙間時間をうまく使う | 東進ハイスクールたまプラーザ校|神奈川県

ブログ

2016年 5月 26日 隙間時間をうまく使う

こんにちは!田中萌子です。
段々暑くなってきましたね!もうすぐ夏ですね!

部活に所属している人は、夏が近づくと大会などに向けて練習がハードになってくると思います。今日のブログでは、部活と受験勉強をどう両立するか、私の体験を踏まえてお話ししたいと思います。

私は高校の時、ブラスバンド部で週6活動していました。
また、8月にコンクールがあったため、夏休みになるとそれに向けてほぼ毎日練習していました。

そのため、東進の勉強を最初はなかなか進めることができませんでした。部活が終わって、疲れて家に直行して、爆睡。そんな生活を続けていましたが、それで成績が伸びるわけがありません!
そこで、危機感を持った高校2年生の田中が気をつけるようにしたことは

①隙間時間はすべて有効活用する
②受講は絶対に立てた予定通り進める
③毎日東進に行く
この3つです。

部活生は、勉強にまとまった時間をとることができません。そのため、登下校時やお風呂に入っている時など隙間の時間は全て暗記系の勉強に使っていました。
英単語、英熟語、化学や生物、倫理政経の暗記はほぼ隙間時間を使って勉強し、部活がなく時間のある日や学校の休み時間に問題演習を集中してやっていました。

また、私は家で勉強に集中できない人だったので、少しの時間でも必ず東進に毎日来て勉強するようにしていました。
部活は毎日19時頃まであったので、東進に着いてすぐ7限を受講します。もし早く着いて時間がある場合は、苦手だった数学の問題をひたすら解いていました(私は受験数学を受講していたので、そのテキストの解き直しがメインでした)。
受講後はその日中に確認テストを受けて、帰ったら夕飯を食べながらもう1度受講した内容をチェックしていました。

勉強ができないことを、部活のせいにしてはいけません。部活をしながら、どこまで時間を有効活用できるかが勝負です。

現役合格するため、使える時間は限界まで使っていきましょう!