6月 | 2019 | 東進ハイスクールたまプラーザ校|神奈川県

ブログ 2019年06月の記事一覧

2019年 6月 7日 世界史攻略のコツ! (青山学院大学 地球社会共生学部)

こんにちは!今回ブログを担当させていただきます(^^)

担任助手一年の河合です。よろしくお願いします。

 

さて、今回は文系のみんなが苦戦してるかもしれない世界史』 についてお話したいと思います!

世界史の受講を取ってる皆さんは、しっかり予定通りに受講を進められていますか?

きっと物凄い範囲も広いのでテキストの分量も多いし、、、覚えること沢山あるし、、、復習が追い付かない!(~_~;)など悩む人もいると思います。

私自身、世界史に関しては、受講と学校のテスト勉強の両立に悩みましたが、三年の一学期はただひたすら東進の受講で早めに全範囲を終わらせることを優先していました。

それに世界史はとても苦手でした。

なので私が言えることではないではないですが、講座を取っている方に向けて、世界史を勉強するうえで大事だと思ったことを自分の後悔も踏まえて紹介したいと思います。

まずは受講を止めないで最初に決めた計画は何が何でもやりきることです。

皆さんは六月末までに通史の受講を終わらせて七月からは演習に移らなければなりません。

受講がたまってると後々大変ですよねもし止まってる人はすぐに計画を修正しましょう!

その上で計画の立て方に悩んだら担任助手に相談してください。

きちんと進めてるよ!って人はその調子で終わらせましょう!

 

次に復習を必ずすることです。

皆さんわかり切ってることだと思いますが、いくら受講を進めていても一講一講復習をしなければ何の意味もなくなっちゃいます…。

きちんと復習できる時間も見込んで計画を立てましょう!

 

最後に…世界史を暗記するうえでちょっとしたコツを教えたいと思います(^^♪

年号や各々の人物が行った政策、戦争の名前、文学史などなど、本当に覚えにくいものばかりですですよね。。

私は年号の語呂合わせブックを買ってそこに書いてある語呂をテキストに書き込んでいました。そういう本を一冊買うのもおすすめです。

もちろん先生が教えてくれたものや別のテキストに書いてあることをメモするのもおすすめです。

あと、一問一答にも覚えやすい語呂がちょくちょく書かれているので見てみて下さい^^

 

以上!読んでくれてありがとうございました。

世界史頑張りましょう!!

 

 

 

2019年 6月 6日 模試を有効活用しよう!(青山学院大学 理工学部)

青山学院大学 理工学部1年の古川です

とうとう6月の全国統一高校生テストが迫ってまいりました!
『模試を有効活用しよう』ということで、今日は私が模試を受験するときに実践していたことを紹介したいと思います。

①目標を宣言する
小さな目標でも誰かに宣言することで勉強への意識が変わります。
私は、校舎に貼ってあるランキングの目標順位を担任助手に宣言していました。
どんな目標を誰に宣言すればやる気が出るかは人によって違うので、自分にあった目標の立て方を探してみて下さい!!

②悩んだ問題にはチェックをつける
マーク模試ではわからない問題はとりあえずマークするという人も多いと思いますが、勘で正解しても意味がありません。
少しでも悩んだ問題や自信のない問題にはマークしておき、模試が終わったあとすぐに復習しましょう。
また、復習するときはどうして間違えたのか、何を改善すれば点が上がるのかを考えることも大切です!

 

模試はただ受けるだけでは意味がありません。
目標をしっかり立ててから臨み、模試後はしっかり復習しましょう!

 

 

 

2019年 6月 5日 一日の過ごし方(明治大学 経営学部)

最近真夏のような暑さが続きますね。ツイッターでは「令和ちゃんははじめてだからわかんないんだもんね」と言われたり、36℃を観測した北海道では松岡修三さんがいたり

なんてことが報じられたり、、、そんな暑さに悩む白井が今日のブログを担当させていただきます!

新学年になって落ち着いて来たりもうすぐ梅雨がやってきたりで中だるみしやすいこの時期に、一日の過ごし方についてお話しさせてもらおうと思います!!

私は部活に明け暮れるサッカー少年でした!なので生活の中心は引退するまでは正直部活にありました。平日は朝練、自主練があり授業後も部活があり下校は19:00を過ぎました。

疲れたのでお家に帰りましょう。

しかーし!!!

そこで家に帰ってしまったらあったかいご飯とふかふかのベッドが待っています。面白いテレビも!誘惑に流されること間違いなしですね、、、

なのーで!!!

私は疲れた体に鞭を打ち足を引きずり東進ハイスクールへと向かったのです。

部活終わりの皆さん、疲れて家に帰っていませんか?家で勉強すればいいやって思って結局やらないことが多くないですか?

妥協するかしないかは自分との闘いですよ!!!

確かに部活終わり校舎に来たら勉強できる時間は1時間とかかもしれません。しかし、その一時間も1か月続ければ30時間に、一年間続ければ365時間になります!

0は何をかけても0ですが1が持つ可能性は無限大なのです!!!

なので部活を頑張るそこの君!!!部活終わりに寄り道感覚で校舎に寄ってちょっと勉していきませんか?

 

その毎日の小さな決断が大きな成功へとつながります!私たちと一緒に頑張りましょう!!!

頑張る部活生を全力で応援します!!!

 

 

 

2019年 6月 4日 志望校決定の仕方(横浜国立大学)

こんにちは!担任助手2年の関田です!!

最近は蒸し暑くなってきて、勉強のモチベーションが落ちてくると思いますがここから気合を入れ直して頑張っていきましょう。

今回話す内容は志望校決定の仕方です。自分が志望校を決定した時期は高2の12月頃です。どうやって決めていくかというと、まず自分のやりたいことを考えることです。大学では自分の学びたいことを学ぶことが出来る場であるので、自分がやりたくないことを学んだところで大学に入ってからの勉強のモチベーションが上がらないと思います。なので、志望校決定に関して真っ先に考えることは自分の将来やりたいことを考えることだと思います。

次に考えるべきこととして目標は高く持つことだと思います。志望校を考える上で自分が現状で行けるラインの大学を選ぶのではなく、今のままでは厳しいがもう勉強すれば届くかもしれないラインを志望校にするべきだと思います。はじめから目標が低い人は、その目標にも達することもできずになってしまう人が多いです。ですので、志望校を決定する際には必ず高い目標をもつようにしましょう。

他にも決めるべき要素はたくさんあり、少しでも気になった際にはその大学に実際に見学することをおすすめします。

ぜひ、志望校の決定の際の参考にしてみて下さい!!

 

 

2019年 6月 3日 日本史(早稲田大学)

みなさんこんにちは!

早稲田大学法学部2年の田部井志穂と申します!

すでに暑すぎて、今夏を耐えられそうにありません。

法学部って聞くと、法律全部覚えるんじゃないかと思われがちですが、端的にいうと法的思考を学んでいます!!

例えば何か事柄があり、それに対応する法律を元に自分で考えて解決するといったところでしょうか難しいですね。笑

高校まで法律には全く興味がなかったので最初は正直楽しさが分かりませんでしたが、だんだん楽しくなってきました

法律系に興味のある方は、ぜひお話しましょう!

そして、昨年に引き続き今年もたまプラーザ校担任助手として大好きなみなさんと関われること、とっても嬉しく思います

また1年間よろしくお願いいたします!

さて!

全統模試も迫ってきているので、今日は日本史の勉強について書きたいなあと思います。

お話しするのは少し恥ずかしいですが、私自身は高36月センター模試で満点を取れていたこともあって日本史はかなりアドバンテージの高い状況にあり、入試本番でも有利に使えたと思っています。

何かみなさんの参考になればいいなと思い書かせて頂きたいと思います

スケジュール的には、

211月から2

金谷先生のスタンダード日本史通期講座修了

量に圧倒されつつ、テキストを復習する日々

23月中旬戦後史修了

テキスト67周くらいでなんとなく頭に残り始めたので、日本史B標準問題精講(ちなみに今井さんに教えて頂きました!)を3周解く

34月末〜文化史の勉強を始める

36講座早慶大日本史修了

この時期から夏休みの終わりまでにZ会の日本史100題を3周解く

38  夏期講習早大日本史演習修了

夏休みもひたすらテキストと図表を読みました。

39第一志望の過去問を解き始める

ここからは過去問を解きつつひたすら用語集と資料集、スタンダードのテキストを読んでいた記憶があります。

ざっくり書くとこんな感じでした。

もちろん受講のペースも人それぞれですし、通期講座取ってないよと言う方もいますよね。

使う教材がなんにしろ、いまは通史をとにかく頭に入れることが非常に大事です。

どうやったらそんなに覚えられたんですか?聞かれることが多い質問ですが、方法には音読だったり書くなり読むなり色々あります。

なにより一番大事なのは反復です。自分が暗記できるまで時間をかけられるかどうかだと思います。

5回読んでも覚えられないのなら、それは自分はもっとやらないといけないし、

あんなにやったのにできないと思うなら、まだそんなにやってないと言うことです。

この時期に通史のインプットをどれだけ頑張るかどうかで夏以降のアウトプットが変わってきます。

頑張っていきましょう!

最後に、田部井的日本史の勉強で大事だと思うことを3つ挙げておきます。

◇旧国名(漢字も正確に)と日本地図は早めに覚えること

◇漢字は正確に覚えること。私も含め意外とみんな後から違ってたことに気がつくことあります。

◇資料集を使うこと

特にセンターは仏像とか出ますよね!年表も時代ごとに良くまとまっていますし、通史のインプットと同時に見ておけばよかったとわたしは後悔しました。

長くなりましたが、田部井は毎週月曜日におりますので、ぜひなんでも相談してくださいね。