全国統一高校生テスト(早稲田大学) | 東進ハイスクールたまプラーザ校|神奈川県

校舎からのお知らせ

2018年 10月 10日 全国統一高校生テスト(早稲田大学)

こんにちは!3年田中です。

今回は全国統一高校生テストについてお話しします。

全国統一高校生テストは、
模試の一つですが、そもそも模試って何のために受けるのでしょうか?

なんとなく定期的に受けなきゃいけないもの、
その程度の認識の人が多いのではないでしょうか。

模試を受けるからには、
その模試を受けたことで、次のテストでは1点でも多く取れるようになりたいですよね?
点数を上げていくための模試だと思います。

ただ、模試を受けただけでは成績は上がりません。

これは当たり前です。

それならば、一体模試をどう活用するべきなのでしょうか?

模試のひとつの役割は、
今までの勉強の成果の確認ができるツールとしての役割です。

模試の点数を見ることで、更には自分の正誤ひとつひとつの理由を考察することで、今の自分の学力を客観的に把握できます。

これらを正しく把握することで、今後自分が伸ばすべき教科、分野がわかり、効率的な勉強に繋げることができます。

そして皆さんに覚えておいてほしいのは

「模試は、受けたあとの分析が命!!」

ということです。
ぜひ復習に倍以上の時間を使ってみてください。不正解の理由だけではなく、正解の理由も考えてください。

全国統一高校生テストを、有効活用し少しでも点数を上げて入試に臨んでください!