校舎の様子 | 東進ハイスクールたまプラーザ校|神奈川県

校舎の様子

校舎長の言葉

東進ハイスクールたまプラーザ校 校舎長 菅野 はるか

こんにちは!東進ハイスクールたまプラーザ校校舎長の菅野はるかと申します。皆さんは何のために受験勉強をするのでしょう。何故大学へ行くのか、何故「その」大学へ行きたいのか。東進ハイスクールたまプラーザ校は、受験勉強を単なる勉強で終わらせません。高校生にとって最大の挑戦となる大学受験を通じ、自ら求め、自ら考え、自ら計画・実行する力を養い、どんな困難にも主体的に取り組む人間に成長してほしいと思います。また、そうすることで本気の努力をすることができ、学力向上の近道にもなります。勉強をしていれば壁に当たることもありますが、同じように頑張っている仲間とOBOGの先輩が皆さんを奮い立たせてくれます。出会った全ての生徒に、将来、社会・世界のあらゆる舞台で活躍できる人財になってもらえるようたまプラーザ校スタッフ一同全力でリードしていきます。私たちと一緒に頑張りましょう!

たまプラーザ校は閑静な住宅街の中にある校舎で、落ち着いた雰囲気の中で勉強に打ち込める環境が魅力です。校舎に入るとすぐに受付があり、生徒とスタッフとの距離がとても近いアットホームな校舎です。たまプラーザ校のスタッフは「いつも明るく元気よく」をモットーとし、登校した生徒をどんな時でも元気な挨拶で迎えています。受付ではいつも元気の良い挨拶が交わされ、どの生徒も明るく前向きに勉強に励んでいます。

校舎の様子校舎の様子校舎の様子

担任助手の紹介

田部井 志穂 さん 早稲田大学 法学部
田園調布雙葉高校 卒 バドミントン部 東進ハイスクールたまプラーザ校 OG
田部井 志穂 さん 早稲田大学 法学部
担任助手として一言
皆さんが、第一志望の大学に合格するために努力できるのは誰でしょうか。それは親でも担任助手でもない、生徒のみなさん一人一人だけです。本気で第一志望合格を目指す皆さんを私達も本気でサポートし、そして本気でぶつかっていきます!一緒に頑張りましょう!よろしくお願いいたします。
中島 大輔 くん 横浜国立大学 理工学部 機械工学科
湘南高校 卒 サッカー部 東進ハイスクールたまプラーザ校 OB
中島 大輔 くん 横浜国立大学 理工学部 機械工学科
担任助手として一言
「まだ負けてない」これは僕がセンター本番前の集会で言われた言葉です。僕は部活や体育祭があり、3年生の9月末まで満足に勉強できませんでした。その後、本格的に勉強を開始したものの成績が伸びず、正直、浪人しか頭になかったです。でも、この一言をもらい、とても勇気づけられました。東進の良いところは一人じゃないところです。東進で最後の最後まで努力し、合格を掴み取りましょう。Never give up!
田中 舞香 さん 早稲田大学 法学部
県立湘南高校 卒 吹奏楽部 東進ハイスクールたまプラーザ校 OG
担任助手として一言
自分の頑張り次第で部活、行事、勉強の三兎を追って三兎とも得られるのが東進です。
どんな時でも私たち担任助手が精一杯サポートします!
高校生活も思いっきり楽しんで、受験生生活もただ辛いものではなく成長できる充実したものにしましょう!

→もっと見る

西村 拓真 くん 立教大学 法学部
私立桐蔭学園高校 卒 硬式テニス部 東進ハイスクールたまプラーザ校 OB
担任助手として一言
部活も全力で‼︎ 勉強も全力で‼︎という「文武両道」ができる環境が東進にはあります。私たち担任助手も全力でサポートするので、共に人生で一度きりの悔いのない受験にしましょう‼︎
宮崎 桃子 さん 桜美林大学 ビジネスマネジメント学群
私立実践女子高校 卒 ダンス部 東進ハイスクールたまプラーザ校 OG
担任助手として一言
部活の引退が遅かったので東進という環境は私にピッタリでした。
みなさんにはこれから夢、目標を見据えて努力できる日々にしていってほしいです!不安になることもあると思いますが、私達がサポートしていきます。
最後まで諦めずに全力で!
一緒に頑張っていきましょう!!
渡辺 雄也 くん 慶応義塾大学 商学部
私立攻玉社高校 卒 硬式テニス部 東進ハイスクールたまプラーザ校 OB
担任助手として一言
皆さんの中で受験勉強をいつから開始すればいいのか分からないひとはいませんか?答えは早ければ早いほどいいです。なぜかと言えば大学受験は今までの中学受験などと比較して、比べものにならないほど多くのライバル(浪人生も含む)と相手をしなければならないからです。僕はそのような危機感を感じて勉強を猛烈にする人を応援します!一緒に頑張っていきましょう!
今井 凌雅 くん 法政大学 社会学部 メディア社会学科
元石川高校 卒 サッカー部 東進ハイスクールたまプラーザ校 OB
今井 凌雅 くん 法政大学 社会学部 メディア社会学科
担任助手として一言
自分は高校でサッカー部に所属していて、毎日サッカーばかりしていました。本気で受験勉強を志したのは3年生の夏に部活を引退してからでした。それでも約半年間、真剣に受験と向き合って、大学への進学を決めることが出来ました。そして、東進に入って良かったと思うことがいくつかあり、その一つがグループミーティングでした。同じグループの仲間と切磋琢磨し合いながら皆で成長していける週一回の大切な時間でした。そして、具体的な学習内容としては、センター試験に適応した英単語1800が大きいと感じました。土台作りが本当に大切で、この単語は隙間時間にできるので助かりました。皆さんも是非活用してみて下さい!
清野 稜太 くん 早稲田大学 社会学部 社会学科
桐朋高校 卒 サッカー部 東進ハイスクールたまプラーザ校 OB
清野 稜太 くん 早稲田大学 社会学部 社会学科
担任助手として一言
部活と受験方法の両立に悩み、どちらかを疎かにしてしまっている人も多いかもしれません。自分自身、夏休み前は、部活を続けてよいのか、このままで受験に受かるのか、色々と悩み、苦しみました。ただ、勉強と部活の二刀流で受験を乗りきるのだと決意した自分は、精神的にかなり強くなれたと思います。東進ハイスクールは部活と受験勉強の両立をする上で最高の環境です。大学受験を経て、強い人間になるために、ぜひ部活も勉強も頑張って下さい!!
樗木 大祐 くん 早稲田大学 政治経済学部 政治学科
麻布高校 卒 ハンドボール部 東進ハイスクールたまプラーザ校 OB
樗木 大祐 くん 早稲田大学 政治経済学部 政治学科
担任助手として一言
東進は映像授業なので忙しい人でも自分の都合に合わせて学習を進められます。また、過去問演習講座は志望校に対応した学習に役立つので、是非活用してみて下さい。受験に臨むにあたり、様々な困難に直面すると思いますが、一つ一つにしっかりと対処していくことで、合格に近づきます。僕たちが全力でサポートするので、一緒に頑張って合格を勝ち取りましょう。
袴田 遼典 くん 東京工業大学 第四類
芝高校 卒 スキー部 東進ハイスクールたまプラーザ校 OB
袴田 遼典 くん 東京工業大学 第四類
担任助手として一言
私は、高校1年の春から、苦手科目の克服のために東進に入りました。東進の講座は基本的にPC上であるため、好きな時間に受けることが出来るので、しっかりと予習・復習した上で授業を受けられました。そして、受験を意識し始める高校3年の春から、グループミーティングに参加し、皆で英単語の確認や、数学・化学の問題の確認をして楽しく勉強できました。このように、東進は自分に合った勉強をしながら、楽しく受験を乗り越えることができる場であると思います。受験は、人生の一大イベントの1つです。楽しまなくては損です!Let’s enjoy JUKEN!
原科 里咲 さん 国際基督教大学 教養学部 リベラル・アーツ学科
国際基督教大学高校 卒 バドミントン部 東進ハイスクールたまプラーザ校 OG
原科 里咲 さん 国際基督教大学 教養学部 リベラル・アーツ学科
担任助手として一言
東進の映像授業というシステムは、フレキシブルであるがゆえに自分への甘さが受験勉強への進捗に影響しやすいという怖さもありますが、受験勉強をやり遂げた時に得るものは学力だけではないはずです。東進には、高速マスター、過去問演習講座など、受験勉強をサポートする体制が整っています。担任助手もそのうちの一つです。皆さんの受験勉強が実り多いものになるよう、できる限りのお手伝いをさせていただきます。宜しくお願い致します。
山内 壮太 くん 明治大学 農学部 食料環境対策学科
駒場学園高校 卒 軟式野球部 東進ハイスクールたまプラーザ校 OB
山内 壮太 くん 明治大学 農学部 食料環境対策学科
担任助手として一言
東進の過去問演習講座は、赤本では詳細に書いていないことを学ぶことができ、その講座で習ったことを自分なりにノートをを作ったりなどして、最初わからなかったものがわかるようになり、とてもモチベージョンが上がります。私は受験勉強を通して、成績があまり伸びない時に、苦しいながらも努力を頑張って続けることで、自信にすることが出来ました。これから校舎でともにがんばっていきましょう。
上原 龍之介 くん 青山学院大学 経済学部
文教大学付属高校 卒 サッカー部 東進ハイスクールたまプラーザ校 OB
上原 龍之介 くん 青山学院大学 経済学部
担任助手として一言
普通受験は人生で一度しか体験できないものです。僕はその体験を終えて、後悔が数多くでてきました。しかし、受験を終えた後ではもう一度はありません。生徒のみんなは失敗して後悔して反省する時間があります。今の内に自分の悪い所をぶっ倒せばゼロ後悔で合格を勝ち取れます。なにか迷うことがあったら相談してね。たまプラ生頑張ろう!
川島 涼楓 さん 慶応大学 商学部
田園調布学園高校 卒 バドミントン部 東進ハイスクールたまプラーザ校 OG
川島 涼楓 さん 慶応大学 商学部
担任助手として一言
受験は確かにすごく大変だし、投げ出したくなってしまう時もこれから沢山あると思います。でも、私が実際受験を経験してみて、努力することの大切さ、予定をしっかり立てて実行に移すことの大切さ、やりきることの大切さなど、沢山のことを学ぶことができ、人間的にも成長することができました。みんなも、自分の夢に一歩近づくために、一緒に頑張っていきましょう!
川上 寛樹 くん 横浜国立大学 理工学部
神奈川大学付属高校 卒 技術工作部 東進ハイスクールたまプラーザ校 OB
川上 寛樹 くん 横浜国立大学 理工学部
担任助手として一言
私が受験をする上で大切だと思う事は2つあります。それは、”辛い時に頑張る事”と”ゴールが見えたような時でも頑張る事”だと思います。私が想像するにどちらかは得意で、どちらかは不得意という人が多いのではないでしょうか。実際、私はこの両方を常に実行し続ける事はとても困難だと感じました。これからは皆さんができるだけこれらの事を実行する事を手助けしたいと思います。 よろしくお願いします!
北谷 壮太郎 くん 明治大学 法学部
多摩大目黒高校 卒 東進ハイスクールたまプラーザ校 OB
北谷 壮太郎 くん 明治大学  法学部
担任助手として一言
高12生は今が他の同級生と差をつけるチャンスです!どの科目においても基礎をしっかり固めよう!!!早い段階で基礎を固めておけば、応用などの演習問題に十分に時間を費やすことができます! また、特に高3生は勉強していて辛い、しんどいと感じたらすぐに担任助手に声をかけてください!私たちが全力でサポートします!よろしくお願いします!
酒井 遼 くん 中央大学 理工学部
東京農業大学第一高校 卒 バスケットボール部 東進ハイスクールたまプラーザ校 OB
酒井 遼 くん 中央大学 理工学部
担任助手として一言
3年間最後まで部活をやっていたので、部活やりながらどんな風に勉強をしたらいいのか、など部活と勉強の両立に悩んでいたりする人はアドバイスできると思うのでどんどん聞きにきてください!第一志望校合格目指して一緒にがんばろう!!
白井 快 くん 明治大学 経営学部
神奈川県立多摩高等学校 卒 サッカー部 東進ハイスクールたまプラーザ校 OB
白井 快 くん 明治大学 経営学部
担任助手として一言
受験勉強するのはとても大切なことですが、人生で一度しかない一番キラキラしている高校生活を楽しんでほしいと思います。僕は高3の9月末まで部活をやりきりました。受験勉強で成功したとは言えませんが部活を頑張ったことには後悔はありません。でも部活をやってる間も東進には通い続けていたので両立はできると思います。部活も行事も勉強も全てを頑張り志望校合格を目指しましょう!
関田 健司 くん 横浜国立大学 理工学部
県立生田高校 卒 バスケットボール部 東進ハイスクールたまプラーザ校 OB
関田 健司 くん 横浜国立大学 理工学部
担任助手として一言
勉強をする上で1番大切なことは計画を立てることだと思います。計画を立てないと適当に勉強をしてしまい学力向上につながらないと思います。なので自分の課題がどれだけあるかを考えて、それをいつまでに終わらせるかをしっかり決めて取り組んだ方が勉強の質が格段に上がると思います。最後まで諦めずに頑張ろう。
中林 啓 くん 横東海大学 理学部
元石川高校 卒 サッカー部 東進ハイスクールたまプラーザ校 OB
中林 啓 くん 横浜国立大学 理工学部 機械工学科
担任助手として一言
受験生は今年の勉強で合否が決まります。皆さんは危機感を感じていますか? この現役である受験期はあっという間に過ぎていきます。気づいたら12月なんてこともあるかもしれません。 僕は、第一志望の大学にも第二志望の大学にも受かることができず、とても悔しい想いをしました。みんなには僕のようになってほしくないです!残りの受験期をどう過ごすかは君たち次第で、それによって結果も変わってきます。しっかり計画を立てて合格を勝ち取りましょう!
三ツ橋 紗英 くん 明治大学 情報コミュニケーション学部
生田高校 卒 バレーボール部 東進ハイスクールたまプラーザ校 OB
三ツ橋 紗英 くん 明治大学 情報コミュニケーション学部
担任助手として一言
受験はどんなに大変で苦しくても、毎日全力でやりきったと言える日々を積み重ねていけば、必ず自然と結果はついてくるものです。だから、絶対に妥協しないで、周りがなんて言っても結果にこだわって努力し続けて下さい!私たちはいつも味方です!!一緒に頑張りましょう!!!

校舎イベント紹介

塾内合宿

塾内合宿

長い時間をかけて英単語を一気に学習、自分の限界を突破、自分の夢を固める―それが塾内合宿です。校舎で長時間、英単語をひたすら覚えていきます。そしてこの合宿では、自分自身の将来の夢と向き合い、第一志望合格への決意を固めるイベントも開催。一晩で生徒が見違えるように生まれ変わる。それが塾内合宿の魅力です。

特別公開授業

特別公開授業

特別公開授業とは、年に数回行われる生授業のイベントです。東進の普段の授業はt-POD授業です。しかしこの特別公開授業では、いつもはt-PODでしか受けることのできない先生の授業を、生で受けることができる貴重な機会です。普段の授業では聞けない、受験勉強の必勝法を先生が教えてくださいます。参加した生徒はモチベーションを一気に上げ、次の日から目の色を変えて勉強に取り組みます。一般の方にも参加していただけます。ぜひ皆さんも一度参加してみてください!

※t-PODとは、toshin-Preparatory school On Demandの略。単に映像授業を受講できるというだけでなく、合格するために必要な東進の全コンテンツ(授業・確認テスト・修了判定テスト・高速基礎マスター講座など)を活用できる最先端の教育システム。

中等部勉強会

中等部勉強会

東進ハイスクールたまプラーザ校では、中等部も開校しています!中等部ではいろいろな時期に、みんなで集まって勉強会を行っています。勉強会と言っても決して堅苦しいものではなく、写真のような英単語カルタや数学ゲームをみんなでやったり、昼食をみんなで食べたりと「楽しく勉強する」イベントです。東進ハイスクールたまプラーザ校中等部では、楽しく勉強をするためにこれからもいろいろなイベントを行っていきます!中学生の皆さんの来校も心よりお待ちしております!!