お手軽リフレッシュinおうち時間(早稲田大学 社会科学部) | 東進ハイスクールたまプラーザ校|神奈川県

ブログ

2020年 5月 11日 お手軽リフレッシュinおうち時間(早稲田大学 社会科学部)

 

こんにちは!!

 

早稲田大学社会科学部4年の清野です!!

 

外出自粛の日々が続く中で、皆さんいかがお過ごしでしょうか。

毎日、机の前に向かうものの長続きしない…

そんな人も多いかもしれません。

 

勉強は、メリハリが命です。1日中だらだら勉強していても、何の意味もありません。

いかにして、高い集中力を発揮するか。それは、精神面のコンディション。

つまり、メンタルの充実です。

 

今回は、家での勉強に苦労する皆さんに、自宅でできるとっておきのリフレッシュ方法を伝授します。効率の良いリフレッシュは、高い集中力を生み出します!

 

①朝の30分ランニング

→朝から勉強するためには、早い時間帯に体を起こす必要があります。好きな音楽でも聴きながら(英会話のリスニングだと尚良き)、30分程度ジョギングするだけで1日の過ごし方が大きく変わること間違いなしです!

 

②お昼の30分クッキング

→朝から勉強して、昼ご飯を食べて、午後の勉強に入る。しかし、なかなか食べて直後の午後の勉強に入れないという人は多いでしょう。料理をすると、脳が活性化するというデータもあります。自分で作った料理を家族に振舞えば、これとない達成感も得られますし、気持ちよく午後の勉強に移れるのではないでしょうか!

 

③夜の15分サウナ

→サウナには血流を良くし、体調を整えてくれる効果があります。サウナは温泉にしかないというイメージを持つ人がほとんど。しかし、自宅の湯船につかりながら傘をさすという方法があるんです!湯船から立ち上げる湯気が傘の内側にたまります。傘をさしている範囲にミストが降り注ぎ、サウナのような状態になります。この方法で必要なのは安価なビニール傘だけです。外で使用した傘は汚れているため、新しい傘を使うようにしましょう。

 

今回は、3つのリフレッシュ方法を伝授しました。

これらは、明日からでも始めることのできる簡単なものです。毎日の生活にひと手間加えるだけで、見違えるほど充実した日々が送れます!

是非、実践してみてください!!!!