なんで夏休みに過去問やるの?(法政大学デザイン工学部) | 東進ハイスクール たまプラーザ校 大学受験の予備校・塾|神奈川県 東進ハイスクールたまプラーザ校|神奈川県

ブログ

2021年 7月 17日 なんで夏休みに過去問やるの?(法政大学デザイン工学部)

こんにちは。オオタです。

皆さん見ましたか?????

 

るろうに剣心の~The beginning~

 

感動しましたね。。。。。

小学校の時から映画館で見ていたのでついに終わってしまい悲しいです。。。。。

そして何よりも、エンディングのBroken Hart of Goldが最高すぎました。

なんならエンディングを聴くためだけにもう一度映画館に行こうかななんて、、、、(?)

 

それでは、今回の本題に入って行こうと思います。

そろそろ夏休みが始まりだす頃だと思います。

東進の合格実績の屋台骨とも言えるのが、二次私大の過去問演習講座です!

今回は、講座についての話ではなく、なぜ夏休みにやる必要があるのかということについて話していきます。

 

大きく分けて、2つあります。

1つ目は、前のブログでも書きましたが、難関校になればなるほど浪人生の割合が上がりより過去問レベルの演習を行う必要があるといことです。

(詳しくは敵は現役生だけではない参照)

2つ目は、自分よりも高い志望校を掲げている人にも打ち勝って合格を勝ち取らなくてはいけないといことです。

単純に自分よりも頭のいい人にテストの得点で勝つには、そのテストについてより深く分析を行い、

そのテストに合わせた演習をすれば良い結果が望めるでしょう。

その第一歩として夏休みに過去問演習を頑張って欲しいのです。

ぜひ、悔いのない夏休みにしてくださいね!