オープンキャンパス(早稲田大学) | 東進ハイスクールたまプラーザ校|神奈川県

ブログ

2018年 7月 18日 オープンキャンパス(早稲田大学)

みなさん、こんちには!

今回ブログを担当する樗木と申します!

ついに7月になっちゃいましたね!

受験生にとっては受験の天王山と呼ばれる夏なので、上手く使っていきたいですね!

低学年の方々の中には、部活三昧の夏休みになってしまう人も多いかもしれません。

部活で疲れると思いますが、是非この夏を有意義に使っていただきたいです!

夏の時間の使い方は色々あると思いますか、私がおすすめしたいのは、オープンキャンパスです!

多くの大学が夏にオープンキャンパスを行い、大学をPRします。

学祭と違って、娯楽がメインというよりは、大学の良さを真面目にPRという形なので、みなさん足を運ぶのは気が進まないかも知れません!

ただ、オープンキャンパスは学祭ではわかない大学の良さを見れる良い機会なので、おすすめしたいと思います!

オープンキャンパスはそもそも、人数に限りがあるので、早めに応募しないと希望の日程に参加できません!

学祭は誰でも入場可能な大学が多いなか、オープンキャンパスではより普段のキャンパスライフに近い雰囲気を味わえます。

また、体験授業なども各学部実施しているところも多いみたいです!

授業だけでなく、パンフレットなども頂けるので、まだ興味のある学部も自分でよくわからない、なんて人は行って得るものは多いと思います!

実は私も、高校三年生までオープンキャンパスに行ったことがありませんでした! 第一志望の東京大学は以前友達と立ち寄ったことがあったのでキャンパスの感じは知っていて、受験を検討した京都大学も友達と高二の秋に学祭を見に行きました!

第一志望を高3の初めぐらいに確定し、いざ勉強ということで、勉強ばかりしていましたが、併願校の対策も考えないとなと思った時、めちゃくちゃ困りました。

なぜなら、他の大学のことを全く知らなかったからです。

このままではやばいと思った私は、友人に誘われたのもあり、一橋大学のオープンキャンパスと、早稲田大学のオープンキャンパスに参加しました。

一橋大学は受ける可能性は低かったのですが、東大とはかなり違う雰囲気があり、講義の感じも知れました(内容が難しく、理解できませんでしたが……)。

一橋グッズも買ったりして、何故か一橋モチベが上がってしまいました( *´︶`*)

早稲田大学に関しては、午後に大事な東大模試があるにも関わらず、午前中に暑い中行ってきました。

人がとにかく多く、大学の規模に驚かされましたし、興味があった教育学部や社会科学部の説明内にも参加しました。

教育学部では、教師になる人が学部生の半分にも満たないと聞いて大変驚き、パンフレットに高校の顧問(イケメン)の写真が大きく載っていて、その後顧問を弄るのに役立ちました!

高3の夏でやるべきことが沢山あったので、どちらも長くは滞在できませんでしたが、得るものは大きかったと思います。高3の夏の勉強の息抜きにもなりました。

勿論早いうちに行っておくことがベストだと思いますが、高3て併願校を決めかねている人などは、行ってみてわかることもあると思うので、時間を作ってみるのも良いと思います!

ただし、オープンキャンパスをはしごしすぎて、勉強に身が入らなくなるのは勘弁願います!

今回のブログはここで終わらせて頂きます!

ブログを読んで頂き、誠にありがとうございました!(∩´∀`∩)バィバィ