二次に向けての演習をしよう! (明治大学 商学部) | 東進ハイスクールたまプラーザ校|神奈川県

ブログ

2020年 8月 4日 二次に向けての演習をしよう! (明治大学 商学部)

皆さんこんにちは! 大一の鈴木です。

外では蝉が鳴きはじめてきていよいよ本格的に夏が近づいてきましたね。

さて、今回は二次の演習に向けてのお話をしようと思います。(受験生向けです)

皆さんの中にももう受講が終わり共通テストの演習や二次の演習に入っている人もいるかと思います。

まだ受講が終わっていない人は演習に入るために急いで受講を終わらせましょう!!

自分の力をつけるためには受講や一問一答などのインプットだけでは意味がありません

二次に対応できる力をつけるためには何より問題集を解くなどしてアウトプットをすることがとても重要です。

そのためにも受講は早く終わらせて二次の演習をすることが必要となってきます。でも、中には「なんでこんな早い時期から過去問演習をやるの?」と思う人もいると思います。

では、なぜこんなにも早くから過去問を解くことが重要だと思いますか?

答えは自分が受ける大学の問題のレベルがどのくらいなのかを知るためだと私は思います。

早いうちから過去問を解くことで問題の傾向を知り、解いていく中で自分の苦手を知ることができます。

自分の苦手をつかむことで他の大学の似たような問題を解くことで少しづつ苦手な問題を克服することにもつながります。

夏が終わると単元ジャンル別演習が始まりアウトプットをする機会も多くなってきます。今のうちに苦手を見つけ出し、問題傾向にも慣れてこれからの受験勉強を有意義にしていくためにも早めに過去問を解いていきましょう。

本日はここまでとなります。読んでいただきありがとうございました。