二次私大対策について(早稲田大学) | 東進ハイスクールたまプラーザ校|神奈川県

ブログ

2018年 11月 10日 二次私大対策について(早稲田大学)

こんにちは、田中です!

今回は二次私大対策、特に過去問演習について書きたいと思います。

過去問演習、計画通り進んでいますか?

10月中に最低でも3年分は演習できていないとまずいです!

第一志望校の過去問は10年分×3周と耳にタコができるくらい

言われていると思いますが、

皆さんが受験するのは第一志望校だけじゃないですよね?

特に私大志望の人は10校ほど受験する人が多いのではないのかと思います。

受験する大学すべてについて満足な量の過去問演習をして、入試を迎えてください!

今の自分の学力で確実に受かるいわゆる滑り止めの学校でも、

過去問演習をしないことには受かるものも受かりません。

「この大学に受かるためには自分は何年分×何周演習すればいいのか?」

客観的に分析して、できる量ではなく受かる量を受かる質で演習してください。

 

そして、できるだけ早い段階で受験するすべての大学の過去問をまずは1年分やることをお勧めします。

いくら簡単だと思っていても敵を知らない状態が直前まで続くのは危険です。

それも含めて、日々の計画を立てていってください!

 

何かあったらいつでもスタッフに聞いてください!

風邪に気を付けて11月を過ごしてください!