仮想夏休み(東京農工大学農学部) | 東進ハイスクール たまプラーザ校 大学受験の予備校・塾|神奈川県

ブログ

2022年 4月 30日 仮想夏休み(東京農工大学農学部)

おはようございます!こんにちは!こんばんは!おやすみなさい!

東京農工大学農学部地域生態システム学科3年の佐藤勇輔です。

だんだんと暑くなってきましたね。4月も終わりにさしかかり、もうゴールデンウィークですね。新しい環境には少しずつ慣れているところだと思います。さて学年も変わり、今まで以上に勉強の質と量の両方が求められるようになったと思います。新学年初めての長期休みをどのように過ごしますか?ただだらだら過ごすのは非常にもったいないですよね。何か方向性を決めて過ごせるといいですよね。

そこで私からの提案です!!

 

このGWを仮想夏休みとして過ごすのはいかがでしょうか?

仮想夏休みって何?って思う方が多いと思います。夏休みは受験の天王山と呼ばれています。1日15時間をノルマにして取り組んでいる人が多いです。夏休みになってからいきなり15時間勉強するのは正直難しいです。そこでGWに自分どのくらい1日に勉強できて計画をどのように進めることができるのか遅れたときにどのように取り戻すことができるのか考える良い機会になります。特に高3生は過去問を解いてみてください。1年分解いて自分のゴールを実感して、計画を立ててください。また高2・1生も部活との兼ね合いなどを考慮することができます。最高の夏を過ごすためにこのGWをフル活用してください!