低学年高速基礎マスターの大切さ(慶應義塾大学 商学部) | 東進ハイスクールたまプラーザ校|神奈川県

ブログ

2018年 7月 9日 低学年高速基礎マスターの大切さ(慶應義塾大学 商学部)

皆さん、こんにちは!慶應義塾大学に通っています、担任助手の川島です。

今、夏風邪がはやっていますよね、私も風邪で声がガラガラです。皆さん体調管理はしっかり行って下さいね!

 

今日は、低学年に向けて、英語高速基礎マスターの大切さについて、語りたいと思います。

①まず、高速基礎マスターは、基礎を固めるための格好の演習方法です。高速基礎マスターを、基本例文を含めて4冠すれば、英語で120点はとれると言われています。

英語を伸ばしたいと思っている皆さんは、まず高マス4冠を達成しましょう。

 

②高速基礎マスターの私的一番良いポイントは、手軽に、どこででも英語の勉強ができる!というところです。私自身、都心の高校に通っていたため、通学時間は満員電車で、教科書を開く気にもなれませんでした、、、、

そんな時、高速基礎マスターはケータイ電話で手軽にできるんです!

高速基礎マスター用の東進のアプリをダウンロードすれば、わざわざポスにログインしなくても、高マスがやれますよ!

アプリどれかわからないとかあったら、いつでも声かけてねー☆

 

朝の通学時間、スキマ時間を無駄にしたくない皆さん、ぜひぜひ高マスで基礎力定着を進めていきましょう!!

 

低学年の高マスの目標は、夏休み終了までに3冠なの、その目標を達成できるように、みんな頑張っていきましょう!