併願校の決め方(青山学院大学経営学部) | 東進ハイスクールたまプラーザ校|神奈川県

ブログ

2020年 9月 14日 併願校の決め方(青山学院大学経営学部)

こんにちは!今日のブログを担当させていただく1年の石渡です。

 

秋になり、高3のみなさんはどの学校、学部に出願するかなど考えて始める時期になってきたと思います、、

そこで  

今回のテーマは併願校について、、です!

 

私は併願校を決める際、以下の点にあてはまる学校をそれぞれ受験しました。

 

① 志望する大学の問題と出題傾向が似ている学校

② 本命前に(練習として)受けておきたい学校

③ 一般的に「安全校」といわれる学校

 

一つずつ説明させていただくと、、

 

  ①  これは、、単純に本命の問題は何度も解いて慣れているわけですから、その問題に似た出題をする学校のほうがあまり対策をしなくてもそこそこ取れる可能性が高い、、ということです。

  ②  これは受験日の問題なのですが、、本命校の試験が初の受験になるというのはリスクが大きいので、本番の緊張感を併願校の試験で体験してから、本命を受験した方が絶対良いです。そういう意味で、受験日を考慮して併願校を決める選択方法があります。

  ③  最後に、安全校ですが、例えば模試で合格率のアルファベット判定が毎回Aとか、、合格する確率が格段に高い学校のことを言います。

 

合格したとしても進学する予定のない学校を受験するか否かなど併願校は個人の基準によってかなり変わるかと思います。

そのため、後悔のない出願ができるよう悩んだら周りの人に相談してくださいね!