入試本番の気持ち(青山学院大学・経済学部) | 東進ハイスクールたまプラーザ校|神奈川県

ブログ

2019年 11月 13日 入試本番の気持ち(青山学院大学・経済学部)

こんにちは!

上原です!

寒いですね!ほんとに!!コートを取り出してしまいました。

最近まであんなに暑かったのに時間経つの早すぎ!

特に受験生。

夏が終わって今日が来るまでめちゃめちゃ早くない??

受験はまばたきだよ。心にとめておきなね。

今回は入試本番の気持ちの話をします。

まず自分の話をすると、私はとても緊張をしがちでした。

毎回毎回緊張して本当の力をだせないと言っていました。

しかし、今思うと緊張するの当たり前だなと思いました。

今まで汗水垂らして努力してきた人はこの一回の為に頑張ってきたのです。

だから緊張して当たり前なのです。そして緊張してるならやる事をやってきた証拠です。

なので本番緊張しそうな人!緊張しましょう!

…と言っても頭真っ白になっては意味がありませんが(笑)

程よい緊張感の方が余計なミスがなくなり、意外と自己最高点がだせたりします。

自分はセンター本番の英語の点数は本番が一番高かったです。

また、周りの人が気になっちゃうって人!

学習環境を変えてみよう。

完璧な環境でしか勉強をしてないのではないですか?

街に出てカフェだったりフードコートだったりと少し騒音がするところで過去問を解いてみてください。

そうして音や周囲の行動に慣れることができます。

こういう少しの工夫で点数が上がるんなら今すぐやるべきですよね、、?

 

思い込み、というのはとっても大事です。

自分はできる。やってきた。合格するに決まってる。

そういう心で本番を迎えてください!

他人よりまずは自分に勝ってください。