全国統一高校生テストについて(明治大学経営学部) | 東進ハイスクール たまプラーザ校 大学受験の予備校・塾|神奈川県 東進ハイスクールたまプラーザ校|神奈川県

ブログ

2021年 11月 6日 全国統一高校生テストについて(明治大学経営学部)

こんにちは!本日10月22日、急に寒くて凍えている白井から本日のブログをお送りします!

今日のテーマは”全国統一高校生テスト”についてです。

11月7日に行われるこの模試に対し、皆さんはどのような心掛けで臨みますか?

本番まで残り二か月という状況の受験生、夏の学習の成果をぶつける低学年、皆さんそれぞれ思うことはあると思いますが、私から一つ申し上げたいのは”この模試はいつも以上に大事”ということです。理由を3つお話します。

まず、この模試が行われる時期があげられます。本番まで残り2か月、この模試を除けば12月直前の模試を残すのみとなったこの状況で、自分の課題を発見し、解決に向けて勉強できる日数は限られています。特に高3生は二次私大の対策がメインとなっているこの時期、共通テストを並行して勉強する時間はあまりないはずです。

ですので、この模試で自分の弱点を再度洗い出し、12月の直前模試の際には完成された状態で受けられるように頑張りましょう!

2つ目は、この模試の規模についてです。全国統一高校生テストは無料で受けられる上に、CMなどによる広報活動も積極的に行っていることもあって、普段の模試より受験者数がかなり多いです。つまり”自分の現在地を正確に測れる模試”ということです。同日体験受験を控える低学年の皆さんは特に、万全の準備をして臨むようにしましょう。

 

今回の11月全国統一高校生テスト受験生、低学年問わずとても大切な模試なので、気合を入れて頑張っていきましょう!!!