受験勉強と定期試験の両立(東京経済大学 経営学部) | 東進ハイスクールたまプラーザ校|神奈川県

ブログ

2020年 10月 20日 受験勉強と定期試験の両立(東京経済大学 経営学部)

こんにちは。たまプラーザ校担任助手の別所です。

本日のテーマは【受験勉強と定期試験の両立】についてです。

受験勉強がこれから大事になっていく高2生、高1生を主に対象として話をしていきます。

 

受験勉強も大事ですが、学校の成績を疎かにはできません。課題は提出していますか。普段の授業をしっかり受けていますか。習慣化していけばそれ相応の成績は獲得できます。推薦をとるなどでなければ成績にそこまでこだわることはないと思いますが、良いに越したことはないでしょう。

そのことにおいて重要になってくるのが定期試験です。成績の評価の大半を占めているでしょう。事前に勉強をすると思います。しかし、勉強に費やすあまり受講が進まないケースがあります。もちろん学校の勉強も大事ですが受講を全く進められない状況ではないと思います。何日も受講を空けていると受講の内容も忘れてしまい、試験後にペースを戻すのが難しくなります。また、受講の内容がテストの範囲と被るケースも存在します。そうなれば受講が進みつつテスト勉強にもなり一石二鳥です。

テスト勉強の最中でも受講は計画的に実行するべきです。通常通り進められない場合は受講する日を減らしその時間を試験勉強にあてましょう。ただし、週間0コマということがないように。GMなどで担任や担任助手と相談しながら決めてください。受験生になったらあまり学校の勉強に費やす時間はないです。高2生や高1生だからこそ学校の勉強を疎かにすることはないようにしましょう。もちろん、受講もそのことがないように。